【初心者】プログラミング言語 Rubyとは?特徴・使い道・学習法など

プログラミング言語rubyとは?

「Rubyとは何かを、サクッと理解したい」

「Rubyの使い道や、効率の良い学習方法が気になる…」

そんな方のため、以下の内容をまとめました。

当記事で解説する「Rubyとは?」の概要

  • プログラミング言語 Rubyとは?(基礎知識・特徴)
  • Rubyの使い道・開発できるものとは?
  • Rubyの将来性・初心者におすすめの理由とは?
  • Rubyのインストール方法とは?
  • Rubyの学習方法・おすすめの学び方とは?
  • 効率良くRubyを学べる、おすすめのプログラミングスクールとは?

最後までご覧になれば、「Rubyとは?」を理解して、より豊かな将来に向けて踏み出せます。

「プログラミング言語のRubyとは何かをサクッと把握して、今後に役立てたい」という方への記事です。

目次

【特徴】プログラミング言語「Ruby」とは?

プログラミング「Ruby」とは?

Rubyとは、まつもと ゆきひろ(Matz)氏によって生み出されたプログラミング言語です。

またRubyは、フリーのソフトウェアでもあり、コピー・変更・再配布が可能となっています。

ここでは「Rubyとはなにか」を簡単に把握できるよう、5つの特徴を順に解説していきます。

Rubyの特徴

  • コードがシンプル
  • オブジェクト指向のプログラミング言語
  • スクリプト言語
  • 「Ruby on Rails」を使える
  • スクレイピングができる

コードがシンプル

Rubyは、シンプルにコードを書けるプログラミング言語です。

他のプログラミング言語なら5行に及ぶコードでも、Rubyなら1行で書けることもあります。

「Rubyを使えば、どれくらい簡単にコードを書けるの?」

と思った方は、以下の画像をご覧ください。

Ruby・Javaのコード記載の比較

引用元:【Ruby入門編】プログラミング言語Rubyとは?基礎知識や勉強法を解説 | テックキャンプ ブログ

このように、シンプルにコードを書けるところが、Rubyの特徴です。

オブジェクト指向のプログラミング言語

Rubyはオブジェクト指向のプログラミング言語で、効率良く開発を進められる点も特徴的です。

オブジェクト指向とは、スムーズにプログラミングを施すため、コードを役割ごとに分けることです。

ロボットプログラミング教室「ロボ団」はオブジェクト指向について、以下のように解説しています。

「オブジェクト指向」の意味を解説

◆オブジェクト指向とは?
「ある役割を持ったモノ」ごとにクラス(プログラム全体の設計図)を分割し、モノとモノとの関係性を定義していくことでシステムを作り上げようとするシステム構成の考え方のこと。

(中略)

ロボットプログラミング教室「ロボ団」 オブジェクト指向とは

1000車種から選べるレーシングゲームを開発しているチームがあるとします。

「Aボタンで前進」、「Bボタンで停止」というプログラムをしました。開発途中「Cボダンでバック」の機能を追加しようとしたとき、1000種類の車に対して変更をするよりも、「車」というモノを予め作成しておき、変更する方が開発のスピード、情報管理やメンテナンスをするときに非常に便利になります。併せて、プログラムの保護(カプセル化)にもつながります。

そして、ここまで作成してきたクラス(抽象的)から実体を作り出すことを「インスタンス(具体化)」と呼びます。

オブジェクト指向とは、クラスを使って抽象化することです。

引用元:「オブジェクト指向」とは?プログラミングに必要不可欠な要素を解説! | ロボ団ブログ | ロボットプログラミング教室 ロボ団

オブジェクト指向のプログラミング言語を使えば、手間暇をカットできるので、作業効率がアップします。

またコードの分類ルールが明確でわかりやすいほど、制作者が増えた際に連携しやすくなる点もメリットです。

このようにRubyの特徴として、オブジェクト指向のプログラミング言語である点が挙げられます。

スクリプト言語

読み書きが簡単で使いやすい「スクリプト言語」に分類される点も、Rubyの特徴と言えます。

スクリプト言語の定義は明確にされていませんが、以下のような意味合いで使われるケースが多いです。

スクリプト言語の主な特徴

  • 自然言語(*1)に近い
  • コンパイル(*2)が不要
  • 環境構築が簡単で、気軽に実行できる

(*1)コンピューター言語のような読みづらさが少ない、人間の日常会話に近い言語のこと
(*2)自然言語をコンピューター言語に翻訳する処理のこと

スクリプト言語に分類されるプログラミング言語は、Ruby以外にもPython・JavaScriptなどがあります。

「Ruby on Rails」を使える

開発時に「Ruby on Rails」を使ってできる点も、Rubyの特徴です。

Ruby on Railsとは、主にWebアプリケーションを制作するためのツールのことです。

TechAcademyマガジンではRuby on Railsについて、以下のように紹介されています。

Ruby on RailsとはWebアプリケーションフレームワークです。

そもそもWebアプリケーションフレームワークとは、動的なウェブサイト、Webアプリケーション、Webサービスの開発をサポートするために設計されたアプリケーションフレームワークのことを言います。

(中略)

フレームワークを使えば、開発者は必要最低限のプログラムを書くだけになり、開発者の負担を大きく減らしてくれます。

RubyでWebアプリを作成するときに毎回書かなければいけないような処理が存在します。Railsは、そのような凡庸的な処理を最初から備えていて、利用者はそれらを意識することなく開発に集中できます。

引用元:今さら聞けない!Ruby on Railsとは【初心者向け】 | TechAcademyマガジン

Ruby on Railsを使えば、所定の処理をツールに任せられるので、その分開発に注力できます。

作業工程を減らすことで開発コストをカットしやすい点も、Ruby on Railsのメリットです。

メリットがたくさんのRuby on Railsを使えるようになるところが、Rubyの特徴です。

スクレイピングができる

Rubyを使えば、スクレイピングでデータを作れます。

スクレイピングとは、Web上で情報を集め、その情報を加工することで新しいデータを生み出すことです。

「Nokogiri」などのライブラリを使えば、より簡単にRubyでのスクレイピングができます。

ライブラリとは

プログラミングを施す際に使われる機能を再利用できるようにまとめたツールのこと。
ライブラリを使うことで、頻繁に利用する機能を最初から作る必要がなくなり、開発をスムーズに行える。

手軽にWeb上からデータを集め、新しい情報を生み出せるところがRubyの特徴です。

【使い道】プログラミング言語「Ruby」で開発できるものとは?

プログラミング言語「Ruby」で開発できるものとは?

「Rubyの使い道について、知りたいな」

という方は、以下をご覧ください。

Rubyの使い道・開発できるもの

  • Webアプリ
  • Webサービス・サイト
  • スマホアプリ
  • 基幹系システム

上記4つの、「プログラミング言語『Ruby』で開発できるもの」について、順に解説していきます。

Webアプリ

Rubyの使い道として最も多いと言われている制作物が、Webアプリです。

「これまでにどんなWebアプリが、Rubyで作られたの?」

と思った方は、以下をご覧ください。

Rubyで開発されたWebアプリ

  • CookPad
  • 食べログ
  • Wantedly

上記の通り、有名なWebアプリの開発にも、Rubyが使われることがあります。

Rubyなら、Ruby on Railsやライブラリを使い、素早くWebアプリを開発できます。

そのため「Rubyの使い道」と聞いてWebアプリの開発を思い浮かべる方は、少なくありません。

Webサービス・サイト

Rubyを使えば、以下のWebサービス・サイトを開発できます。

Rubyで開発できるWebサービス・サイト

  • ECサイト
  • SNS
  • ブログ

Rubyなら、ログイン機能・ユーザー機能の他、決済機能の開発が可能です。

Ruby on Railsやライブラリを使うことで、効率良く開発を進められます。

効率良くWebサービスを開発できるRubyは、少人数でスピーディーな運営が求められる状況にも向いています。

新規事業のWebサービスなど、素早い対応が求められるシーンでは、Rubyの長所を生かしやすいでしょう。

スマホアプリ

スマホアプリの開発も、Rubyの使い道として知られています。

RubyMotionを使えば、2大OS(iOS・Android)に対応するアプリを開発できます。

Ruby以外のプログラミング言語を使うと、両方のOSに対応するアプリを作ることは難しいです。

参考までにスマホアプリの開発に使えるプログラミング言語と、対応OSに関する以下の表をご覧ください。

プログラミング言語 対応OS
Objective-C iOSのみ
Swift
Java androidのみ
Kotlin

上記の通り、スマホアプリができるプログラミング言語は、対応OSが片方のみになっているケースが多いです。

そのため、2大OSに対応するアプリを開発できる点は、Rubyのメリットと言えるでしょう。

基幹系システム

Rubyを使えば、複雑な計算・膨大なデータ処理が可能となるため、基幹系システムを作れます。

基幹系システムとは?

企業の根幹に関わる情報(※)を扱うためのシステムのこと。
(※)財務会計・人事給与・生産・販売など
重要な情報を膨大に扱うケースが多いため、基幹系システムの運用には高いセキュリティ性が求められることが多い。

RubyでRuby on Railsを使えば、サーバアーキテクチャの「MVC」を活用できます。

なおMVCとは、アプリを3つの要素(※)に分ける仕組みのことです。
(※)データ(Model)・表示(View)・制御(Controller)の3つ

MVCによってそれぞれの役割を明確にし、処理能力を向上させられる点が、Ruby on Railsの大きな特徴です。

Ruby on Railsによって高い処理能力を発揮できるため、Rubyを使えば基幹系システムの開発を効率良く行えます。

プログラミング言語「Ruby」の将来性とは?

プログラミング言語「Ruby」の将来性とは?

プログラミング言語「Ruby」の将来性は、明るいと言えます。

その理由の一つとして、以下の求人数をご覧ください。

東京都におけるRuby関連の求人数

引用元:求人ボックス|Rubyの転職・求人情報 – 東京都

上記の通り、東京都だけでRubyの求人数は12,000件を超えています。

そのためRubyのスキルを磨いておけば、仕事がなくて困ってしまう状況を避けやすくなるでしょう。

なおRubyの習得後、他のプログラミング言語も使えるようになれば、さらに豊かな人生を送りやすくなります。

その根拠として、以下の「IT人材受給の試算結果」をご覧ください。

経済産業省「IT人材需給に関する調査(概要)」

引用:IT人材需給に関する調査(概要)

エンジニア業界は、今後も人手不足の傾向が続くと言われています。

そのため、今からRubyの勉強を始めておけば、活躍の幅を広げやすくなるでしょう。

「エンジニアって、どれくらい稼げるの?」

という方は、以下の関連記事をご覧ください。

エンジニアとして年収1,000万円を超える方法や、お得に学べる方法などを解説しています。

プログラミング言語「Ruby」が初心者におすすめの理由とは?

プログラミング言語「Ruby」が初心者におすすめの理由とは?
プログラミング言語「Ruby」が初心者におすすめの理由は、以下の4つです。

  • 使いやすい
  • 作業効率を上げやすい
  • 関連情報を集めやすい
  • Windows・Macの両方に対応している

上記を把握しておけば、Rubyの学習を始めれば良いかどうか、判断しやすくなります。

あなたに合ったプログラミング言語を学び始められるよう、Rubyがおすすめな理由を順に見ていきましょう。

使いやすい

Rubyはコードの書き方がシンプルなので、プログラミング初心者におすすめです。

記載する量が少なく、書き方も他のプログラミング言語より簡単なケースが多いです。

またRubyは、直感的な操作性があるとも言われています。

「参考書を読まなくても、感覚で操作しやすいからRubyなら使えるようになりそうだ」

このように扱いやすいRubyは、プログラミング初心者におすすめです。

作業効率を上げやすい

Rubyは作業効率を上げやすいため、よりスムーズに制作物を開発したい方におすすめです。

オブジェクト指向のスクリプト言語であるRubyは扱いやすく、コンパイルも不要です。

コンパイルとは

人間にとって使いやすい形式で書かれたコードを、コンピュータが実際に処理できる形に変換する処理のこと。

またRuby on Railsで、プログラミング時のコード記載量を減らせるなどのメリットもあります。

プログラミング初心者は、エラーや検証などに時間がかかるケースが多いです。

作業効率をアップし、より早く理想に近い制作物を開発したい方には、Rubyがおすすめです。

関連情報を集めやすい

Rubyの関連情報や参考書は日本語で記載されているケースが多いため、不明点を解消しやすいです。

関連情報が日本語で記載されていることが多い要因としては、Rubyの開発者が日本人であることが考えられます。

こういった点から関連情報を探しやすいRubyは、プログラミング初心者の日本人におすすめです。

Ruby以外のプログラミング言語を学習すると、不明点を解消する際に外国語を使わなければいけないこともあります。

「参考書もネットの情報も外国語で解説されているから、全然疑問点を解消できない…」

このような状況をできる限り避けたい方には、Rubyがおすすめです。

Windows・Macの両方に対応している

RubyはWindows・Macの両方に対応しているので、プログラミング初心者におすすめです。

プログラミング言語の中には、片方のOSでないと開発しづらいことがあります。

「Windows向けのアプリを開発する時だけ、WindowsのPCを用意するのは難しい…」

「Macは使い慣れてないから、ひとまずWindowsでプログラミングを学べればなぁ」

このような状況でも、Rubyなら問題ありません。

Rubyを使えば、しばらくの間、本格的なPC環境を整えなくても大丈夫です。

「ひとまずプログラミング学習を始めて、様子を見てから必要なPCを揃えたい」

そんな初心者には、Rubyがおすすめです。

Rubyのインストール方法とは?

Rubyのインストール方法は、以下の通りです。

  1. Ruby公式サイトからRubyをダウンロードする
  2. ダウンロードしたファイルをインストールする
  3. コマンドプロンプト、もしくはターミナルから「ruby -v」と入力する
  4. インストールしたRubyのバージョンに間違いがないか確認する

上記4つのステップでRubyをインストールできます。

「早速Rubyをインストールしたいな」

と思った方は、以下の公式サイトからダウンロードしてみましょう。

【Ruby 公式サイト】
ダウンロード

プログラミング言語「Ruby」を学ぶ際の注意点とは?

プログラミング言語「Ruby」を学ぶ際の注意点とは?
プログラミング言語「Ruby」を学ぶ際の注意点は、以下の4つです。

  • 目標・計画を立てる
  • モチベーションを高く保つ
  • 学習習慣をつける
  • 不明点の解消方法を確保しておく

いち早くRubyを習得できるよう、「プログラミング学習における注意点」をチェックしていきましょう。

目標・計画を立てる

プログラミング言語「Ruby」を学ぶ際には、まず目標を設定し、計画を立てることをおすすめします。

学習計画を立てやすくなるので、目標はできる限り明確にすると良いでしょう。

なお目標を明確にする際には、「どんな制作物を開発できるようになりたいか」を考えることが重要です。

「Rubyを使えるようになると、どんなものを開発できるんだっけ?」

という方は先ほどご紹介した、以下の見出しをお役立てください。

モチベーションを高く保つ

Rubyを学ぶ際にモチベーションを高く保てると、学習効率が上がるうえ、挫折しづらくなります。

モチベーションを高く保つためには、以下の方法がおすすめです。

Rubyの学習意欲を高く保つためのコツ

  • 目標を細分化する
  • 現在の進捗状況を把握する
  • 学習仲間を作る
  • 標準的な学習基幹を把握する

なおRubyの学習期間は、基礎学習のみ(※)で約30時間とされています。
(※)基本文法~オブジェクト指向まで

上記の中から、あなたに合いそうな方法を選んで、実践してみましょう。

学習習慣をつける

学習習慣をつけると、Rubyの勉強を継続しやすくなるので、効率を上げやすくなります。

「毎日、寝る前の30分は勉強しよう」

「休みの日は、5時間以上取り組もう」

このように心掛け、学習習慣をつけておけば、自然とRubyの学習時間が増えていきます。

学習時間が増えるほど理解度が上がりやすいので、スムーズにRubyを習得できるでしょう。

反対に学習習慣がついていないと、「また今度勉強しよう」の繰り返しになりやすいのでご注意ください。

学習を先延ばしにするほど、勉強に取り組みづらくなったり、前回の学習を忘れやすくなったりするからです。

効率良く学び、挫折のリスクを減らすためにも、Rubyの勉強をする際には学習習慣をつけましょう。

不明点の解消方法を確保しておく

より効率良くRubyを学ぶため、不明点の解消方法を確保することをおすすめします。

プログラミング学習を進める中で、挫折や行き詰まりを感じる方は多いです。

以下の調査結果をご覧ください。

プログラミング学習で挫折・行き詰まりを感じた人の割合

引用:プログラミング学習者の約9割が挫折を経験 挫折時に「気軽に聞ける環境があればよかった」人が6割に|株式会社SAMURAIのプレスリリース

約87.5%の方が、プログラミング学習で挫折・行き詰まりを感じています。

なお、挫折・行き詰まりを感じる要因の第1位が、「不明点を聞ける環境になかった」からです。

株式会社SAMURAIの調査結果「挫折や行き詰まりを感じた理由」

引用:プログラミング学習者の約9割が挫折を経験 挫折時に「気軽に聞ける環境があればよかった」人が6割に|株式会社SAMURAIのプレスリリース

上記の調査結果から、初心者がプログラミング学習をする際には、不明点を解消できる環境づくりが重要です。

課題をいち早く乗り越えてRubyを習得できるよう、不明点を解消できる環境づくりをしておきましょう。

プログラミング初心者がRubyを学ぶ方法とは?

初心者がプログラミング言語「Ruby」を学ぶ方法とは?

プログラミング初心者がRubyを学ぶ方法は、以下の3つです。

  • 書籍
  • 学習サイト
  • プログラミングスクール

あなたに合った学習方法を見つけて、快適にRubyを学べるよう、上記3つの学び方をチェックしていきましょう。

書籍

Rubyは他のプログラミング言語より日本語の書籍が多いため、本で学べます。

書籍の学ぶメリットは、情報の信憑性が高いことです。

書籍でRubyの正しい知識を得たい方には、「たのしいRuby」がおすすめです。

たのしいRuby

引用元:『たのしいRuby 第6版』サポートページ

「たのしいRuby」はRubyを開発した、まつもと ゆきひろ氏によって監修されました。

上記画像の通り、まつもと ゆきひろ氏は「初心者の気持ちを裏切らない出来」とコメントしています。

「たのしいRuby」はRuby入門書の定番とされているので、書籍で学びたい方におすすめです。

【「たのしいRuby」 公式サイト】
『たのしいRuby 第6版』サポートページ

学習サイト

ネットで気軽にRubyを学びたい方には、学習サイトがおすすめです。

無料で学べるサイトもあるため、気軽にRubyを学んでみたい方もチェックしておくと良いでしょう。

「学習サイトでRubyを学ぶ場合、どのサイトがおすすめ?」

という方には、ドットインストールがおすすめです。

ドットインストールは、3分以内の動画でサクッとRubyを学べる学習サイトです。

7,088本のレッスン動画があり、Ruby以外のプログラミング言語も学べます。

ドットインストールが気になった方は、以下から公式サイトをご覧ください。

【ドットインストール 公式サイト】
ドットインストール – 3分動画でマスターできるプログラミング学習サービス

「他にも無料でプログラミングを学べるサイトがあれば、知りたいな」

そんな方には、以下の関連記事がおすすめです。

無料のプログラミング学習サイトの他にも、独学のメリット・デメリットや無料で学ぶ際のポイントなどを解説しています。

プログラミングスクール

快適にRubyを学びたい方には、プログラミングスクールがおすすめです。

プログラミングスクールには、充実したカリキュラム・サポートがあることが多いからです。

「プログラミング学習は挫折する人が多いから、Rubyの習得までしっかりとやり遂げたい」

「不明点を解消できず、たくさんの時間・労力をかけてしまう状況は避けたい」

このような方には、プログラミングスクールがおすすめです。

中には、キャリア相談・転職サポートなどがあり、案件の獲得までフォローしてくれるプログラミングスクールもあります。

効率良く学び、いち早く稼げる状態になれば、今後のキャリアも一層輝かしいものになるでしょう。

「どのプログラミングスクールを選べば、効率的にRubyを学べるの?」

そんな方のため、次はRubyの学習におすすめのプログラミングスクールをご紹介します。

【初心者】Rubyの学習におすすめのプログラミングスクールとは?

Ruby初心者におすすめのプログラミングスクールは、以下の通りです。

プログラミングスクール名 Rubyの学習におすすめのポイント
DMM WEBCAMP ・実践を通してRuby、Ruby on Railsを学べる「はじめてのプログラミングコース」がある
・Ruby、Ruby on Railsの情報発信に力を入れている
・転職関連カリキュラムがあり、Rubyのスキルを仕事に結びつけやすい転職成功率が高い
ポテパンキャンプ ・Ruby、Ruby on Railsを基礎から学び、サイト開発のスキルを得られる「Railsキャリアコース」がある
・Rubyの開発業務で早期に活躍している実績がある
・プログラミング未経験からの転職に強い

上記2つのプログラミングスクールをおさえておけば、効率良くRubyを習得できます。

より早くRubyを使いこなせるようになれるよう、上記2つのプログラミングスクールを順に見ていきましょう。

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

引用:DMM WEBCAMP

Rubyの学習におすすめのポイント ・実践を通してRuby、Ruby on Railsを学べる「はじめてのプログラミングコース」がある
・Ruby、Ruby on Railsの情報発信に力を入れている
・転職関連カリキュラムがあり、Rubyのスキルを仕事に結びつけやすい転職成功率が98%と高い(*1)
運営会社 株式会社インフラトップ / Infratop Inc.
(DMM.com グループ)

習得できる言語
・Ruby
・Ruby on Rails
・HTML
・CSS
・JS
・jQueryなど
受講期間 4週間~
受講方法 ・オンライン
・通学
開講時間 24時間(オンライン)

校舎名
・渋谷校
・新宿校
・難波フロントビル校
・難波御堂筋センタービル校
サポート時間 15:00~23:00
※チャットサポート

就職サポート
・専属アドバイザーのマンツーマン伴走
・自己分析
・選考準備(履歴書・職務経歴書作成など)
・面接対策
・企業紹介
・ポートフォリオ作成

転職成功率
98%(*1)
返金制度 全額返金保証あり
※返金条件はコースによって異なる
無料カウンセリング あり
料金 15,500円(税込)/月~
※初回のみ23,723円
公式サイト https://web-camp.io/

DMM WEBCAMPのサービス紹介

DMM WEBCAMP
(169,800円(税込)~)
未経験から最速で即戦力となれる人材を目指せるサービス。
現役のエンジニア講師から、独自カリキュラムに沿った効率の良い指導を受けられる。
DMM WEBCAMP エンジニア転職
(15,500円(税込)/月~)
最短3ヶ月で未経験からITエンジニアへの転職を目指せるコース。
3つの手厚いサポート(*1)で転職成功率をアップしてくれる。

(*1)モチベーション管理・転職サポート・質問対応

【DMM WEBCAMP 公式サイト】
DMM WEBCAMP|未経験者の為のプログラミングスクール

「DMM WEBCAMPの利用者は、どんな評判をあげているんだろ?」

そんな方には、以下の関連記事がおすすめです。

DMM WEBCAMPの評判・口コミや、料金などを解説しています。

ポテパンキャンプ

ポテパンキャンプ

引用:ポテパンキャンプ – Webエンジニア輩出No1プログラミングスクール

Rubyの学習におすすめのポイント ・Ruby、Ruby on Railsを基礎から学び、サイト開発のスキルを得られる「Railsキャリアコース」がある
・Rubyの開発業務で早期に活躍している実績がある(*1)
・プログラミング未経験からの転職に強い(*2)
運営会社 株式会社ポテパン

習得できる言語
・HTML
・CSS
・JavaScript
・Ruby
・Ruby on Rails
受講期間 5ヶ月(20週間)
受講方法 オンライン
開講時間 無料カウンセリングで要確認
校舎名 なし
サポート時間 10:00~23:00

就職サポート
・カウンセリング
・オリジナルポートフォリオの企画・作成
・卒業生限定の求人紹介がある
・履歴書・経歴書の添削
・面談対策
・受講生限定イベント(卒業生採用企業が参加)
転職成功率 100%(内定率)
※29歳以下の転職サポート利用者が対象
返金制度 あり
※30歳未満の受講者限定
無料カウンセリング あり
料金 13,900円(税込)/月~
公式サイト https://camp.potepan.com/

(*1)株式会社永産システム開発など(参考:ポテパンキャンプ – Webエンジニア輩出No1プログラミングスクール
(*2)プログラミング未経験者:92%、Web系開発企業への内定率:100%(29歳以下の転職サポート実施ユーザ(2021年7月~10月))

【ポテパンキャンプ 公式サイト】
ポテパンキャンプ – Webエンジニア輩出No1プログラミングスクール

「ポテパンキャンプを実際に使った人って、どう感じているのかな?」

そんな方には、以下の関連記事がおすすめです。

ポテパンキャンプの評判・口コミの他、料金・メリット・デメリットなどを解説しています。

「Rubyとは?」を理解してワンランク上のスキルを獲得しよう!

最後に、「Rubyとは?」の重要ポイントをまとめておきます。

  • プログラミング言語「Ruby」とは、コードがシンプルなオブジェクト指向のスクリプト言語
  • Rubyの主な使い道は、Webアプリ・Webサービス・スマホアプリなどの開発
  • Rubyは今後もたくさんの求人数が見込める、将来性の明るいプログラミング言語
  • 使いやすさ・学習の進めやすさなどから、プログラミング初心者にはRubyがおすすめ

プログラミング言語「Ruby」は多くの需要が見込まれているため、今から学んでおけば、今後のキャリア形成に役立ちます。

Rubyを皮切りに、他のプログラミング言語もマスターすれば、あなたの将来はより輝かしいものになるでしょう。

「今後に役立つRubyを、効率的に学んでいきたいな」

このように思った方には、プログラミングスクールがおすすめです。

洗練されたカリキュラム・手厚いサポートなど、プログラミングスクールの学習環境は充実していることが多いからです。

快適かつ効率的にRubyの学習を進めたい方は、以下のプログラミングスクールをチェックしておきましょう。

Ruby初心者の学習におすすめのプログラミングスクール

  • DMM WEBCAMP
  • ポテパンキャンプ

この記事でお伝えした「Rubyとは?」をふまえ、さらに豊かな未来を切り開いていってくださいね。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる