2019年06月12日 更新

意外と痛むのが早いとうもろこし。保存期間を延ばすコツ

今回は、とうもろこしの上手な保存方法と美味しい茹で方について紹介します。甘くて美味しいそうなとうもろこしをスーパーなどで見かけて買ってみたものの、どうやって茹でたら美味しいのか、どのくらい保存できるのかなど、わからない方も多いのではないでしょうか。とうもろこしを一人暮らしでも楽しむために、ぜひ覚えておきましょう。

gettyimages (16717)

基本は買ったその日に食べる

しっかりとした皮に包まれているとうもろこしは、常温で数日保存しても大丈夫に思えますが、実はとても傷みやすい野菜です。
収穫した瞬間から鮮度が落ち始め、24時間で甘みや栄養素が半減。買ったらすぐその日のうちに食べるのがベストです。

もし無理な場合は、常温ではなく冷蔵庫で保存してください。購入する際は乾燥しづらい皮付きのものを選びましょう。

やむを得ない場合の常温保存方法

冷蔵庫での保存ができない場合は、乾燥を防ぐために皮付きのまま新聞紙やキッチンペーパーで1本ずつ包み、髭の部分を上にして立て、なるべく涼しい場所で保存します。
こうすることで、横にしたものよりも鮮度の落ち方が多少緩やかになります。

発泡スチロールの箱があれば、保冷剤を入れてその中に入れて保存しましょう。常温で保存する場合の賞味期限は1~3日です。

とうもろこしの保存について

gettyimages (16718)

とうもろこしを冷蔵で保存する場合

とうもろこしを冷蔵庫で保存する方法としては、生のままと茹でてから保存する方法の2パターンがあります。保存期間に少し違いはありますが、どちらにしてもなるべく早く食べきることが大切です。
ここからは、それぞれの保存方法について詳しく説明します。

生のまま冷蔵保存

茹でずに保存する際は、皮と髭は取らずに水にくぐらせ、濡らした新聞紙やキッチンペーパーに1本ずつ包みます。さらに密閉できるポリ袋に入れて、野菜室があれば野菜室に髭を上にして立てて保存します。
野菜室がない場合は、冷蔵室のドアポケットに立てて保存しましょう。保存期間は2~3日です。

茹でてから冷蔵保存

茹で方は鍋で茹でても電子レンジを使っても構いませんが、茹でたてのとうもろこしは熱いうちに1本ずつラップで包みます。こうすることで粒にシワが寄らず、みずみずしいまま保存ができます。
粗熱が取れたら冷蔵庫に入れます。保存期間は3日~1週間ほどです。
gettyimages (16719)

とうもろこしを冷凍で保存する場合

とうもろこしを長く楽しむなら冷凍保存がいちばんです。冷凍保存の場合は茹でてから保存しましょう。

冷凍保存の方法

茹でてから冷凍する場合も用途に合わせて保存します。
まるごと1本のまま保存するなら茹でて1本ずつラップで包み、粗熱が取れたら冷凍用保存袋に入れて冷凍します。
また、茹でたとうもろこしを食べやすい大きさに輪切りにしたものや、実だけを切り落としたものは、それぞれ重ならないように冷凍用保存袋に入れて冷凍します。

解凍する時はどれも前日に冷蔵室に入れて自然解凍しましょう。急いでいる時なら電子レンジで加熱しても大丈夫です。実だけのものは炒め物や汁物など、加熱する料理に使う場合はそのまま加えて使いましょう。

【豆知識】とうもろこしを美味しく食べるためのコツ

gettyimages (16720)

とうもろこしは茹で方にもコツがあり、上手に茹でればとうもろこしの甘みが存分に楽しめます。
鍋で茹でる時と電子レンジで加熱する時のコツを紹介します。(加熱時間は目安です。とうもろこしの大きさによって、調整してください。)

とうもろこしを鍋で茹でる

鍋で茹でるには、水から茹でる方法と沸騰したお湯に入れて茹でる方法の2パターンがあります。どちらの場合もとうもろこしは髭を取り、皮を2枚ほど残して剥きます。

水から茹でる場合は、鍋にたっぷりの水と塩少々とうもろこしを入れて火にかけます。沸騰したらそこから5分ほど茹でて火を止め、ザルなどに上げて余熱で柔らかくします。

お湯から茹でる時は、鍋にたっぷりの水と塩適量を入れ、沸騰したら実と重なる皮だけを残したとうもろこしを入れて7分ほど茹でます。

とうもろこしを電子レンジで加熱する

電子レンジ(500w)を使用する場合は、髭を取って2枚ほど皮を残したとうもろこしを5分ほど加熱すれば火が通ります。

まとめ

とうもろこしは保存の仕方をきちんと行えば、数日間は美味しく食べられます。また、茹でてから保存すると調理する際に時短になり、一人暮らしの自炊に役立ちます。
ぜひ、今回紹介した方法で美味しいとうもろこしを楽しんでください。
監修:貞本紘子
料理家。食育アドバイザー、幼児食アドバイザー。
岐阜県にて家庭料理、パン、ケーキの教室「colette」を主宰。 少人数制、初心者にも分かりやすく丁寧な指導で生徒数は6年間で述べ5500人。 「おうちご飯をもっと楽しく!」をモットーに活動中。 ブログ https://ameblo.jp/colette-cooking/

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

鮮度を保って使い切る! 自炊の味方、白菜の保存方法と簡単レシピ

鮮度を保って使い切る! 自炊の味方、白菜の保存方法と簡単レシピ

白菜を美味しく長持ちさせる正しい保存方法を紹介します。量が多くていろんな料理に合わせやすい白菜は、一人暮らしの自炊の味方。ただ、一つの量が多いのでおいしいうちに使いきれないこ...
とりぐら編集部・とり
2019.07.08
自炊に役立つ! 野菜の冷凍保存で覚えておきたいはじめの一歩

自炊に役立つ! 野菜の冷凍保存で覚えておきたいはじめの一歩

せっかく買った食材を余らせることは、一人暮らしで自炊をしている方の悩みのひとつ。しかし、使い切れなかった野菜も冷凍保存すれば腐らせることなく毎日のお料理に活用できるうえ、時短...
とりぐら編集部・とり
2019.07.06
玉ねぎは冷蔵庫に入れないほうがいい? 保存の基本とコツを解説

玉ねぎは冷蔵庫に入れないほうがいい? 保存の基本とコツを解説

玉ねぎは基本的に冷蔵庫での保存に向かない野菜です。どのように保存すれば長持ちするのか、賞味期限はどれほどなのか解説していきます。玉ねぎはスーパーでいつでも購入することができる...
とりぐら編集部・とり
2019.07.06
里いもはどう保存すべき? 長持ちさせる保存方法と一人暮らしの使い方のコツ

里いもはどう保存すべき? 長持ちさせる保存方法と一人暮らしの使い方のコツ

里いもは常温や冷凍で正しく保存方法であれば1カ月はもたせることができる、比較的保存期間の長い野菜です。とはいえ、スーパーで売られている食材の多くは一人用を想定していないため、...
とりぐら編集部・とり
2019.06.23
正しく保存して美味しく食べる! 長持ちするかぼちゃの保存方法

正しく保存して美味しく食べる! 長持ちするかぼちゃの保存方法

今回はかぼちゃの保存方法や美味しい見分け方などについて紹介していきます。煮たり、焼いたり、蒸したり、調理方法が多く、主菜、副菜、そしてお菓子にまで幅広く活躍してくれるかぼちゃ...
とりぐら編集部・とり
2019.06.17

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり