短所もアピールポイントに! 面接で「あなたの短所は?」と聞かれたら何て答える

短所もアピールポイントに! 面接で「あなたの短所は?」と聞かれたら何て答える

2015/03/10

アンケート・調査

面接やESでよく聞かれる質問のひとつ「あなたの長所と短所を教えてください」。「長所」はともかく、「短所」はマイナスの印象を与えてしまいそうでどうやって答えたらいいかわからない、そもそも自分の短所なんてわからない、という人も多いのではないでしょうか。内定した先輩たちは、どのように答えていたのでしょうか。聞いてみました。

▼こちらもチェック
面接での「自己PRしてください」に隠された意図は?~企業側のニーズを考えよう~

■あなたの「短所」を教えてください。

【短所の理由をアピールポイントにするパターン】

・少数意見をないがしろにしたくないので、物事を決めることに時間がかかること(男性/小売店内定)

・要領良く手を抜けず、何事もていねいに、よく考えながらやってしまうこと(女性/マスコミ・広告内定)

・優柔不断なところ。物事の良い面も悪い面をじっくりと考えてしまうので、決めるのに慎重になりすぎてしまう(女性/金融・証券内定)

・後は野となれ山となれで、目的達成のためになら自分の体力を考えずに無茶をするきらいがあるところ(女性/医薬品・化粧品内定)

・自分を過小評価してしまうこと。他人から見ればきちんとできているように見えるのかもしれないが、自分としては現状に満足してはいけないと思い、素直に認めることがなかなかできない(女性/団体・公益法人・官公庁内定)

・前もってじっくりと計画をたてる性格のため、行動に移すのが遅いこと(男性/機械・精密機器内定)

・特定分野の知識がすごくある分、知識ジャンルの分量がアンバランス。ただ、特定分野に関しては誰にも負けないので、その分野を活かしたい(男性/情報・IT内定)

短所と長所は表裏一体とよく言います。同じことも、見方を変えるだけで「長所」にも「短所」にもなり得るのです。「短所」を悪い意味でとらえるのではなく、「こんな良い面があるゆえに、こういうことも起きる」という言い方をすることで、「短所」も立派なアピールポイントになるのです。

【克服努力をアピールするパターン】

・体力がないこと。しかし、最近克服するためジムに通い始めた(女性/小売店内定)

・人に頼るのが苦手なところ。何でも自分ひとりで抱え込んでやってしまいがちなので、自分の手に負えないと思ったら人に頼るように意識している(女性/情報・IT内定)

・ひとりで抱え込んでしまうことがあるところ。まわりに頼らずひとりでやることで、迷惑をかけないように努めていたが、それが逆にまわりを心配させてしまっていることがわかり、今ではまわりと一緒になってやっていくことを心にとめて行動するようにしている(女性/不動産内定)

・自分が正しいと決めつけてしまうことがあり、視野が狭くなってしまう点。そのため、まわりの人の意見も柔軟に取り入れるように心がけている(男性/金属・鉄鋼・化学内定)

・はじめて取り組むことについて不器用なこと。こつこつ努力することでカバーしている(女性/学校・教育関連内定)

ただ短所を伝えるだけではマイナスの印象になりかねません。「克服するためにこんな努力をしています!」という一言を添えると、イメージはグッとアップするはず。

いかがだったでしょうか。「自分の短所がわからない」という人は、まず自分の「長所」から考えてみるといいかもしれません。それでもわからないという人は、まわりの人に聞いてみるのも有効です。案外自分では気づかない新たな一面を発見できるかもしれませんよ。

文●編集部

調査期間:2015年3月
アンケート:フレッシャーズ調べ
集計対象件数:20代の内定学生221件(インターネットログイン式アンケート)

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ