マスクむれ! ニキビ! 面接までにどうにかしたい! 肌トラブルケア

マスクむれ! ニキビ! 面接までにどうにかしたい! 肌トラブルケア

2020/11/20

就活マナー

面接前はストレスマックスで肌あれに悩んでしまう人も多くいます。また今年はコロナ禍でマスクを着用する機会が多くなり、普段より口の周りや耳の周りがあれるマスク肌あれで悩む人も…スキンケアとメイクで少しでも補って、肌のコンディションもベストに近づけましょう。

肌トラブルが面接に与える影響は?

教えてくれたのはこの人!

ヘアメイクアップアーティスト 江頭亮子さん

えがしらりょうこ/就活メイクの講師として行う学生への指導には定評あり。ファッションブランドやコスメブランド等の撮影やパリコレクションへの参加など幅広く活躍中。

面接は第一印象勝負!肌あれだけで評価が左右されることなどはありませんが、ベストな状態でないだけに、気になってしまって自信のなさが表に出てしまうことも!肌あれにはスキンケアやメイクなど外側からのケアと同じくらい、内側からのケア、つまり健康的な食事、良質な睡眠が想像している以上にとても大切です。面接の2週間前くらいから意識して、不規則な生活習慣を見直してみましょう。食べものは体を冷やしてしまう、甘味料たっぷりの乳製品入りコーヒーなどの飲みものを少しだけ我慢するだけでも、肌のコンディションも整ってきます。


またマスクの肌あれも要注意です。マスク内は蒸れや擦れがおき、肌にとって実はとても過酷な状況。言い換えると健康な人でも肌あれをひきおこしやすかったりします。使い捨ての不織布のマスクであれてしまう人は肌に接触する部分にガーゼを一枚挟んだり、また面接前は肌にやさしい布製のものを使うようにするなどして、マスク選びなどでも肌あれを防ぎましょう。


面接まで2週間!! ニキビケアアイテムで丁寧にケア

ニキビをできにくくするのは、刺激の少ないアイテムで、日常の汚れをしっかりと落として、肌をたっぷりと保湿してあげる基本的なスキンケアが大切です。肌の新陳代謝を促すいつものスキンケアを2週間前からは特に丁寧にできるように心がけましょう。またできてしまったニキビなどの肌あれはとにかく触ったりこすったりなどの刺激を与えないようにして、自己流ではなくひどくならないうちに皮膚科などを受診してしっかりとケアすることも大切です。


★おすすめアイテム

ビオデルマ サンシビオ エイチツーオー D

コスメクチコミアプリ「LIPS」でクチコミを見てみよう!

EUKROMA EUKROMA ハイドロキノンクリーム4% 20g

コスメクチコミアプリ「LIPS」でクチコミを見てみよう!

面接まで1日!! メイクでカバー

鏡を見てびっくり!面接前なのにニキビができてしまった!そんな緊急時はメイクでしっかりとカバーして

グリーンのコントロールカラー

 スキンケアの後に下地でまずしっかりと肌を整えて、グリーンのコントロールカラーを肌あれの部分にトントンとなじませるように。肌悩みを解決してくれるコントロールカラーのグリーンはニキビなどの赤みを上手に隠してくれる優れものです。くすみやクマなどの補正もしてくれます。

★おすすめアイテム

Elégance モデリング カラーアップ ベース

コスメクチコミアプリ「LIPS」でクチコミを見てみよう!

コンシーラー

赤みが消えたところになじませるようにコンシーラーでさらにカバー。コンシーラーはどんなタイプでも大丈夫ですが、肌あれしているところを刺激しないよう擦らずやさしくなじませて。

★おすすめアイテム

the SAEM カバーパーフェクト チップ コンシーラー

コスメクチコミアプリ「LIPS」でクチコミを見てみよう!


ファンデーション

最後にファンデーションで仕上げます。ニキビの原因は皮脂の過剰な分泌、アクネ菌の繁殖、毛穴詰まりなど複合的なものなので、できるだけ炎症をおこしている肌に負担がかからないファンデーションを選ぶことがポイントです。コンシーラーまででしっかりとカバーできているので、肌あれがひどい場合はフェイスパウダーだけで仕上げても大丈夫です。肌あれしている部分は、特にこすらず手やパフで優しくなじませるようにしましょう。

★おすすめアイテム

bareMinerals CR ハイドレイティング ファンデーション スティック

コスメクチコミアプリ「LIPS」でクチコミを見てみよう!


仕上がり

ニキビの赤みも気にならないナチュラルな肌が完成!自信を持って面接にトライしましょう!

文:曽根 真遊
写真:榊 水麗
制作:vivace next
編集:マイナビ学生の窓口編集部

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ