就活で役立つ! 「在中」の正しい使い方とは

就活で役立つ! 「在中」の正しい使い方とは

2019/05/27

就活の基礎知識

就活で応募書類を郵送するときは、いくつかのルールがあります。その中でも、忘れがちなのが「在中」と朱書きするというもの。封筒の中身の重要性を、企業の担当者へ伝えるための大切なメッセージです。 最後に書けばよいと思って、そのまま投函してしまった……という経験がある人もいるかもしれませんね。この記事では、就活の郵送で「在中」を使うときのことについて考えてみましょう。

在中

「在中」の意味

「在中」は朱書き(赤字)で書きます。書く際のルールは下記のとおりです。

朱書きは封筒の左下に書く・枠は定規を使って書く

まず、朱書きはどこに書いてもいいというわけではなく、封筒の左下に書くというルールがあります。

一般的には、縦書きしているケースが多いですが、横書きで宛名を記入したときは、朱書きも横書きにします。

赤色のサインペンやスタンプを使う

サインペンは赤色を使うようにしましょう。郵送するときに濡れたりこすれたりしても消えないよう、油性のサインペンが好ましいとされています。

とはいえ、マジックだと太すぎて読みにくいので注意してください。封筒の中にまでインクがにじんでしまう可能性があります。やはりサインペンがベストです。

あと、意外と知られていないのですが、「応募書類在中」「履歴書在中」「速達」など、赤色のサインペンで記入しただけでは朱書きとはいえないのです。

朱書きを記入するときは「応募書類在中」「履歴書在中」「速達」と書いたうえで、文字のまわりを四角で囲む必要があります。このことを知らない就活生も多くいますが、気をつけてみてくださいね。

枠は定規を使って書く

四角で囲むときは、定規を使って丁寧に記入しましょう。線が曲がっていると、よい印象を与えません。

また「在中」の朱書きスタンプを購入するのもおすすめです。ひとつあるととても便利ですよ!

「在中」には、きちんとした意味があるので、その意味を理解したうえで、丁寧な対応を心がけましょう。

「応募書類在中」を記入するシチュエーション

採用に関する書類を郵送するときは「応募書類在中」と朱書きします。また「履歴書在中」と書いても問題ありません。

ただし「在中」と記入するシチュエーションは、郵送のみではありません。書類を持参して手渡しするときにも必要なのです。

「応募書類在中」や「履歴書在中」と朱書きすることにより、就活に関する重要な書類が入っているということを認識しやすくなります。封筒は、すぐにその場で開封されるとは限らないので、時間が経ってからでも、何が入っているのかわかりやすく伝えることが大事なのです。

朱書きの必要性

郵送する際、なぜ「在中」と記載するのでしょうか。それは、封筒の内容物が何か把握できることによって、適切な対応ができるというメリットがあるからです。

また、大企業であれば、毎日多くの郵便物が届きます。そのため大事な書類に、トラブルが起こらないよう、念入りな対応が必要というわけです。

また「在中」と書くことで、郵便局員にも大事な書類が入っていることを理解して頂けます。

まとめ

この記事では「在中」の意味や必要性をご紹介させて頂きました。「在中」には、郵便局員や企業の担当者に、何がなかに入っているのかをわかりやすく伝えることができる、というメリットがあります。

白い封筒に赤色のサインペンやスタンプで記入すればとても目立つので、適切に扱ってもらえることでしょう。

また「応募書類在中」「履歴書在中」「速達」と書いたうえで、文字のまわりを四角で囲む必要があることを忘れないでくださいね。ひとつひとつの対応を丁寧にして、ビジネスマナーを身につけましょう!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ