2018卒内定者が語る! 就活で一番大変だと思った選考フローTop5

2018卒内定者が語る! 就活で一番大変だと思った選考フローTop5

2017/11/28

就活の悩み・疑問

就職活動はさまざまなステップがあり、それぞれの選考フローごとに大変さがありますが、これから就活という学生にとっては、どれが一番大変だったか気になりますね。そこで2018卒内定者のみなさんに、就活で一番大変だった選考フローはなにか聞いてみました。

▼こちらもチェック!
就活ノートの作り方は? 「就活完全攻略テンプレ」を活用し作成しよう【テンプレート】

■就活で一番大変だと思った選考はなんですか?

第1位「エントリーシート」100人(39.5%)
第2位「最終面接」35人(13.8%)
第3位「筆記試験・webテスト」34人(13.4%)
第4位「グループディスカッション」31人(12.3%)
第5位「第一次面接」21人(8.3%)

●第1位「エントリーシート」

・すごく時間をかけて書いたのに、全然通らず落ち込んだ(女性/22歳/大学4年生)
・文書化能力に乏しく、自分の考えを明確に記述するのに苦戦したから(男性/23歳/大学院生)
・手書きのものが多かったので、手が痛くなって書くのがつらかった(女性/21歳/大学4年生)
・一社一社書くことが違い、書くのに非常に時間がかかるから(男性/21歳/大学4年生)

●第2位「最終面接」

・社長との面談で緊張した(男性/22歳/大学4年生)
・もっとも評価が厳しい選考だと思うから(男性/21歳/大学4年生)
・せっかく最終面接までこぎつけたのに、ここで落ちてしまうと全てが水の泡になるというプレッシャーを強く感じたから(男性/21歳/大学4年生)
・発言一つで空気感が変わるのを一度体験してから、言いたいことが言えなくなった(女性/21歳/大学4年生)

次のページ筆記試験が大変だった人も!

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ