2018卒内定者が語る! 就活で一番大変だと思った選考フローTop5

2018卒内定者が語る! 就活で一番大変だと思った選考フローTop5

2017/11/28

就活の悩み・疑問

●第3位「筆記試験・webテスト」

・数学への苦手意識を克服しておけばよかったと思った(女性/21歳/大学4年生)
・適性検査で8割超えるのが難しかった(男性/24歳/大学院生)
・勉強していてもなかなか結果が付いてこないことが多かったし、緊張で頭が真っ白になって殆ど解けない時もあった(女性/22歳/大学4年生)
・今まで勉強を得意としてこなかったため(男性/21歳/大学4年生)

●第4位「グループディスカッション」

・周りの学生を気にしてしまって、思い通りに話せなかったから(女性/21歳/大学4年生)
・自分から意見を出すことが苦手なので置いていかれることが多かったため(男性/21歳/大学4年生)
・自分の役割で迷ってしまった(女性/22歳/大学4年生)
・初対面の人とどうしたら話をうまくまとめられるか。また自分の意見や疑問をうまくぶつけられるかが難しかった(女性/23歳/大学4年生)

●第5位「第一次面接」

・一次面接で自分のことを語るのがつらかった(女性/26歳/大学4年生)
・初めの面接なので緊張した(男性/23歳/大学4年生)
・その企業との初めての面接なので緊張した(女性/19歳/短大・専門学校生)
・言いたいことが緊張で言えない(男性/21歳/大学4年生)

4割近くの人がエントリーシートをあげました。作成が大変なだけでなく、ここで落とされると次のステップに進めないために苦労しているようでした。

いかがでしたか? 就活は、これまで体験したことがない選考ばかりなので、プレッシャーやストレスを感じてしまうこともあります。しかし、先輩たちも苦労してきた道。しっかりと心の準備を整えて、自分本来の力を発揮したいものですね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年9月
調査人数:2018卒の内定者男女253人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ