正直に答える? 面接で「他社の選考状況」を聞かれたときの答え方8選!

正直に答える? 面接で「他社の選考状況」を聞かれたときの答え方8選!

2017/03/14

就活hack

正直に答える? 面接で「他社の選考状況」を聞かれたときの答え方8選!

面接の質問のなかには正直に答えてよいのかどうか悩むものもありますね。「他社の選考状況」についての質問もそのひとつ。正直に答えていいのか、少しぼかしたほうがいいのか……先輩たちはどのように乗り越えたのでしょうか? 就活を経験した大学生に聞いてみました。

▼こちらもチェック!
本命以外の企業で「うちは第一志望?」と聞かれたとき正直に答えたほうがいい?

■「他社の選考状況は?」と面接で聞かれたとき、どのように答えるべきだと思いますか?

●正直に答える・素直に伝える

・他社から内定をもらえたときに、断る理由が言えないと困るから(女性/22歳/大学4年生)
・嘘はできる限りつきたくないから(男性/27歳/大学院生)
・嘘ついても仕方ないから(女性/24歳/大学院生)
・誠実なほうが印象がいいと思うから(男性/22歳/大学4年生)

●正直に答えるが、第一志望はここだと伝える

・第一志望だと印象がいいと思うから(女性/22歳/大学4年生)
・とにかく入りたいという熱意は必要だと感じた(男性/22歳/大学4年生)
・第一志望の就活生に内定をあげたいと考えると思うから(男性/21歳/大学4年生)
・素直に答えつつ、第一志望が御社だということはアピールした(女性/22歳/大学4年生)

●同業種の会社名を答える

・受けている会社の業界を中心に受けていることが分かれば、その業界が第一志望であることがわかるから(女性/22歳/大学4年生)
・一貫性が必要(男性/22歳/大学4年生)
・やみくもに就活しているわけではないと理解してもらうため(女性/22歳/大学4年生)
・まったく違う業種の選考状況を伝えてしまうと、他業種志望だと思われそうだから(女性/22歳/大学4年生)

次のページ嘘をついちゃう! という人も……

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ