社会人が今でも覚えている、面接官からのうれしい一言4選

社会人が今でも覚えている、面接官からのうれしい一言4選

2017/03/09

ニュース&コラム

就活中は、お祈りメールが来たり、圧迫面接をされたりと自分の価値を否定されるような経験も多くなるので、自分のことを否定的にとらえがちになってしまいますよね。しかし、一方で「君いいね」と認めてくれたり、ほめてくれたりする会社・面接官も存在します。そこで今回、就活を経験した社会人のみなさんに、就活で言われて今でも覚えているうれしかった一言について聞いてみました。

▼こちらもチェック!
面接で褒められたのに、選考通過の連絡がすぐ来ないのはなぜ?

■今でも覚えている、就活で面接官から言われてうれしかった一言を教えてください。

●雰囲気をほめられて

・「今の回答はなかなか出てこないものだからすばらしいね」。面接で褒められたのはそれが最初で最後だったので非常に印象に残っている。また、「優しい雰囲気だね」とも言われ、ピシッとしてたつもりだったが、ふと笑ったときの表情をほめられてうれしかった(男性/24歳/医薬品・化粧品)

ほめられた経験はこれが最初で最後だったということで、余計に印象に残っているのでしょうね。本人も気付かないような雰囲気を感じ取ってくれるのはうれしいかも。

●あまり就活生が来ない企業で

・あまり社会では注目されていない会社の面接に行ったときに、人事担当者から「君はいいところに目を付けた。この会社に縁がなくても、就職活動では成功するだろう」と言われた。正直、うれしかった(男性/47歳/その他)

たしかに人が気付かないような企業に目を付けられる時点で情報収集能力が高いと言えそう。就活中に「成功する」と言われると自信が持てますね。

次のページ長年の苦労を理解してくれて……

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ