就活で本当にあったグループディスカッションのお題4つ

就活で本当にあったグループディスカッションのお題4つ

2017/03/02

グループディスカッション

Webテスト・筆記試験

●暖かい国で温かいココアを売る方法は?


・時間を計る人と討論の内容を書く人とがスムーズに決まり、意見を積極的に言う人が集まっていたので順調にディスカッションを進めることができました。しかし、意見がたくさん出すぎてしまって、結論を出すことが大変でした。結局、「マグカップで実践販売をする」という結論に。マグカップをおしゃれなデザイン、機能性の高いものにし、マグカップがほしいがために暖かいココアを買ってもらおうというものになりました。自分の意見を言うだけでなくて、みんなの意見を聞き、聞いた上で意見を言うという作業が勉強になったと感じました(女性/25歳/大学4年生)

こちらはメーカーなどでありそうなおもしろいお題。意見を言う人が集まってくれると議論が進んでやりやすいですね。

●会社で毎朝ラジオ体操を取り入れ、社員の参加率をあげるためにはどのような工夫が必要か?

・早朝出勤をしてラジオ体操をすることのメリット・デメリットを全員で挙げ、参加に付加価値をつけることで意見が合意。発表のために、社員が自主的に参加することで得られる特典についての案をあげ、まとめることになりました。話の脱線が多かったため、私は客観的に見て進行役とストッパーの役目を担い、発表は最も積極的な人に任せました。発表後、「それぞれに合った役割分担がしっかりとできていた」と講評を受けることができました(女性/23歳/大学4年生)

こうした課題はメリット・デメリットを挙げるのが大事なポイントでしょう。役割分担も適役にそれぞれ当てはめられるように、同じグループ同士での性格の見極めも重要。

いかがでしたか? 同じグループディスカッションでも、抽象的なお題から具体的なお題までさまざま。それぞれのテーマに合わせた議論の進め方があることもわかります。これから就活を迎えるみなさんは、今のうちにグループディスカッションに備えておいたほうがいいですね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2016年11月
調査人数:内定済みの大学生男女48人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ