証明写真の値段はどれくらい? セルフの写真機ボックスとスタジオ撮影の違いとは

証明写真の値段はどれくらい? セルフの写真機ボックスとスタジオ撮影の違いとは

2017/02/06

自己PR

証明写真の値段

履歴書やエントリーシートに必要となる証明写真を撮影する場合、写真館でプロに撮影してもらうか、街角に設置されている証明写真機などを利用するかのどちらかでしょう。この2つですが、それぞれに料金やサービスなどでどんな違いがあるのでしょうか。今回は、「セルフの証明写真機とスタジオ撮影の違い」についてまとめてみました。

▼就活のスタートにはこれ! 自己PR作成や面接対策用テンプレートをゲットしよう


▼こちらもチェック!
就活でES用の証明写真は何枚用意するべき? 先輩社会人の平均は……

■プロの証明写真の値段・サービスは?

まず、写真スタジオでプロに撮影してもらう場合の料金から。東京・池袋など都内3カ所に撮影スタジオを構える『証明写真スタジオファン』の場合、就活証明写真の撮影は2種類のプランを設けており、値段は以下のようになっています。

・エコノミープラン……6,200円(税込み)
・リクルートプラン……9,500円(税込み)

エコノミープランは就活ヘアセットと写真修正、そして撮影データやWEB提出用のデータ、プリント24枚、レンタルスーツ、焼き増し無料などのオプションがセットになっているもの。リクルートプランは、エコノミープランにフルメイクサービスを加えたものになっており、特に女性に人気が高いのだそうです。また、エコノミープランの場合は撮影から受け取るまで1時間ほどで済み、修正も一緒に見ながらできるため仕上がりも納得できるものになります。

両プランともに値段はちょっと高めですが、ヘアメークサービスまで受けることができるのは大きなメリット。就活は一生を左右するものですから、気合の入った写真を撮影したいのならば、こうしたスタジオ撮影サービスを利用するのもアリでしょう。

また、「そこまで高くなくてもいい」という人は、例えば『カメラのキタムラ』が展開している証明写真サービスを利用するのもいいでしょう。専門のスタッフが撮影し、目の前で写真調整。オプションでWEBデータに加工もしてくれます。WEBデータ加工などのオプションをセットにした就活生向けパックも用意されており、値段は5,400円(税込み)。ヘアメークなどのサービスはありませんが、リーズナブルさを求める人にはおすすめです。

次のページ証明写真の値段を抑えるには?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ