証明写真が必要だけど時間がない! どこで撮ったらいいの?

証明写真が必要だけど時間がない! どこで撮ったらいいの?

2021/03/12

自己PR

就活で、「今日面接なのに写真の準備ができていない!」なんてことあるのではないでしょうか。就活では証明写真を何枚も使います。しかし、忙しく活動しているとなかなか準備が追いつかないものです。ここでは、時間がない緊急時に証明写真を用意する方法を紹介します。

所要時間別 証明写真を用意する方法

証明写真を撮影するには次のような方法があります。

1. 写真スタジオでプロに撮影してもらう。
2. 友達や親に撮影してもらいプリントアウトする。
3. 証明写真機でセルフ撮影する。

1から順に説明していきましょう。

1の写真スタジオですが、撮影から写真を受け取るまでの所要時間は30分〜1時間くらいでしょう。ただし、基本的に事前予約が前提で、就活生で混み合う時期に飛び込みで行っても、すぐに撮影してもらうことは難しいと考えたほうがいいです。緊急度があまり高くなければ選択肢の一つでしょう。

次に2の友達や親に撮影してもらって、大型家電量販店などにあるセルフプリント機で出力するという方法。プリントだけなら3分とかかりませんが、出力方式の選択など調整が必要です。また、写真を履歴書サイズに合わせてきれいに切らないといけないので、慌てている時にはあまりおすすめできません。

多くの人が選択するのはやはり、3の証明写真機ではないでしょうか。大きな駅や繁華街に設置されており、時間を問わず手軽にスタジオクオリティの写真が撮れます。しかも所要時間は、椅子の調整から撮影・プリントアウトまで10分ほどで、緊急時には第一候補といえるでしょう。

証明写真機では、複数の写真が1枚にプリントアウトされますので、きれいに切り離すためのはさみ、また履歴書に貼付するためののりや両面テープを持っていくのを忘れないようにしましょう。

本当に切羽詰まった緊急時は、コンビニの証明写真サービスがおすすめ

本当に緊急で、近くに友達も親もいないという場合には、スマホのカメラで自画撮りし、それをコンビニでプリントアウトするのがおすすめです。セルフプリント機や証明写真機が近くになくても、コンビニならあるのではないでしょうか。

セブン・イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルK、サンクスのコンビニチェーンでは『ピクチャン』というサービスがあり、これを使えば証明写真を簡単にプリントアウトできます。使用するには特別なアプリも要りません。

『ピクチャン』のサイトにアクセスして、自分が撮影した写真をアップロードします。写真のサイズの選択、また拡大・縮小、位置合わせなどもサイト上でできます。その調整が終わって登録すると、「プリント予約番号」が発行されます。コンビニに行って、このプリント予約番号を入力すると証明写真が出力される、という仕組みです。支払いはコンビニに設置されているコピー機で行います。料金は3枚で200円です。

まとめ

・証明写真を用意する方法はいくつかありますが、緊急時に便利なのは証明写真機。手軽にスタジオクオリティの写真が撮影できます。
・緊急度がかなり高い時は、早くて安いコンビニの証明写真サービス『ピクチャン』がおすすめ。
・いうまでもなく、証明写真は事前に用意しておくのが望ましいですが、緊急事態の場合は冷静になってベストな方法を選ぶようにしましょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ