役割なしは埋もれる? 就活生がグループディスカッションの役割で「損をした」と感じた瞬間8選

役割なしは埋もれる? 就活生がグループディスカッションの役割で「損をした」と感じた瞬間8選

2017/01/25

就活hack

グループディスカッションは、いろいろな考えを持った人が平等に意見を交換し合う場ですよね。いろんな人がいるからこそ、自分の思い通りにはいかないもの。積極的になれなかったり、同じグループになった人とのタイプの違いなどがあったりして「やっぱりああしとけばよかった……」と後悔してしまうこともあるようです。そこで、今回は就活を終えた大学生にグループディスカッションで損した! と思ったことを聞いてみました。

▼こちらもチェック!
【グループディスカッション対策のトリセツ】評価基準から頻出お題、通過するコツまで徹底解説!

■グループディスカッションの役割で損をしたなと感じた瞬間はどんなときですか?

●役割の座を掴めなかった

・役割がないために、他の人との差別化があまりできなかった(女性/23歳/大学4年生)
・役割がなかったために目立たなかった(男性/22歳/大学4年生)
・ただ意見を言うだけで、好印象になっていないと感じた(女性/22歳/大学4年生)
・途中で役割を変えるのはそうそうできない(男性/21歳/大学4年生)

●自分の意見に同調してもらえなかった

・的外れな意見を言ってしまい、流れを乱したかなと感じた(男性/22歳/大学4年生)
・うまく自分の言いたいことが言えなかった(女性/22歳/大学4年生)
・少数派になったため、論破される側に回された(男性/22歳/大学4年生)
・「ふーん」と見逃された(女性/22歳/大学4年生)

●積極的になれなかった

・主体性を強調できないから(男性/22歳/大学4年生)
・周りにのまれてしまった(女性/22歳/大学4年生)
・それが原因で、次の選考が通らなかったことがあるから(女性/22歳/大学4年生)
・みんなのペースについていけずタイミング逃した(女性/22歳/大学4年生)

次のページ同意しかできなくて……

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ