「自己分析」を深めると志望業界も固まる! 自己分析と業界研究を同時並行するコツ

「自己分析」を深めると志望業界も固まる! 自己分析と業界研究を同時並行するコツ

2016/11/22

自己分析入門

就活の初期段階でまず行うことが多い自己分析。もちろん自己分析は就活において重要なポイントですが、自己分析をすること自体が目的では無く、就活を優位に進めることが目的であることを見失わないように注意しましょう。今回は自己分析を深く掘り下げることで志望業界を固めるコツを紹介します。業界研究をしてもなかなか行きたい企業が決められないときには、自己分析と業界研究を同時並行で行っていくことがおすすめです。

▼こちらもチェック!
面接で「自分を動物で例えると何?」と聞かれたら、なんて答える? 「あなたを動物で例えると」診断

1.自己分析が就活を優位に進めるのではない

自己分析で自分を知る。ここで作業が終わっては、就活で優位に立ったことにはなりません。自分を知った上で、説得力ある自己PRを作成したり、話せたりすることで、はじめて優位に立てるのです。よって、自己分析に加えてそこで知った自分の長所や強みを上手にPRできる文書作成力やプレゼンテーション力を高める必要があります。自己分析と一体化させて業界研究にも取り組むべきでしょう。なぜなら、「業界研究によって生み出される志望動機」こそが説得力のある自己PRになるからです。

2.業界選択も自己分析の一つ

ビジネスにおける夢をもち、10年、20年と会社に定着して働いてくれる人……これが会社の求める人材像です。よって、志望する企業が自分の人生をかけて取り組む業界だと言い切れる人が選考で優位に立ちます。志望業界が定まっていない人は、『自分がワクワクできる業界はどれなのか?』を探し、選択する必要があります。この過程は業界研究であると同時に自己分析でもあるのです。

次のページ業界選択のために自己分析を進める方法は?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ