就活生必見! 面接で入室するときに好印象を与えるマナー

就活生必見! 面接で入室するときに好印象を与えるマナー

2016/10/06

就活hack

関連キーワード:

就活生必見! 面接で入室するときに好印象を与えるマナー

面接の際の入室は、一瞬ですが第一印象を左右する大切な場面です。人間関係では第一印象が大切だと言いますが、面接においてもそれは同じ。面接は入室の時点で始まっていると言っていいでしょう。ここで失敗してしまうと、後でその印象を取り返すことは難しくなります。そこで今回は、入室の正しいマナーを解説。入室の流れをマスターして好印象をゲットしましょう。

◆控え室でも気を抜かない

面接って緊張しますよね。だからと言って控え室でリラックスしすぎるのはNGです。誰かに見られるかもしれないということもありますが、短時間で気持ちを切り替えるのは難しいもの。控室での態度が入室のときにも表れてしまうかもしれません。人に見られていなくても、受付から面接は始まっていると考えて姿勢を正して静かに待ちましょう。スマホをいじるのもマナーが悪いと思われてしまう可能性が高いので、やむを得ない場合を除いて、できる限り避けましょう。


◆ノックから入室までのマナー

面接官の多くは、入室時点でその人のイメージをある程度つかむと言います。入室の際は1つ1つの動作を丁寧にするように心がけましょう。面接室のドアは必ずノックしてください。音は大きすぎず、小さすぎず、ノックは3回程度が適切です。もし最初からドアが開いていたらノックは不要ですが、「失礼いたします」としっかりあいさつをして入室しましょう。入室時では面接官とアイコンタクトを取るようにすると好印象です。また、ドアを閉めるときは面接官に完全に背を向けないように気をつけましょう。ドアは閉めるときも丁寧に、大きな音を立てないように気をつけてください。

◆最初のあいさつは元気よく!

よい印象を残すため、あいさつにも気を配りましょう。小さな声や暗いトーンの声は印象を悪くしてしまいます。入室してドアを閉めたら面接官のほうを向き、「本日はよろしくお願いいたします」と明るく、ハッキリとあいさつをしましょう。入室時だけでなく、入室前の返事も元気があるとよいです。控え室で名前を呼ばれたときも、「はい!」と元気よく返事しましょう。緊張すると、ついつい小声になりがちですが、日頃から明るい大きな声で話すように練習をしておきましょう。

◆入室から着席までのマナー

元気よくあいさつをしたら、お辞儀をしてください。約45度の角度でお辞儀をし、一秒ほど間を置いて顔を上げると、礼儀正しさを伝えることができます。面接官に席を促されたら「はい」と言って座ります。何も言われなくとも焦らずに、「失礼します」と言ってきびきびと動きましょう。座る際には椅子の前を横切らないようににしましょう。座ってからは椅子には寄りかからず、背筋を正して若干浅めに座ります。手は膝の上に自然に置きましょう。座っている間にも、手足の先まで神経をとがらせ、明るい表情でいることを心がけましょう。

◆さいごに

入室はあなたの印象を左右する大事な場面です。表情や姿勢、態度、声、言葉遣いなど気をつけてください。また、服装や、髪型、爪も忘れずチェックし、清潔感を大切にしましょう。入室の手順がたくさんあって難しいと思うかもしれませんが、結局は慣れなので、何度も練習すれば意識をしなくても体が自然に動くようになるはずです。今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ練習してみてください。

文・学生の窓口編集部

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ