失敗しない就活のカバン選び 重視すべきポイントは?

失敗しない就活のカバン選び 重視すべきポイントは?

2016/07/13

就活の基礎知識

■文房具や印鑑の管理に便利な小物入れ

就活の際、カバンに入れることが多くなる文房具や印鑑、中には名刺入れやスマートフォンの充電器などを入れているという人もいるかもしれません。たしかにあると便利ですが、適当に物を入れてしまうと、カバンの中がぐちゃぐちゃになってしまっていたり、資料に思わぬ汚れがついてしまったりする可能性があります。

ペンや印鑑をそのまま入れるということはせず、ペンケースや専用のケースにしまい持ち運んでいるかもしれませんが、ただ入れているだけでは、どこになにがあるのか見つけにくくなってしまうこともあります。

しかし、小物入れがあれば、カバンに入れておきたいものの大体の場所を把握することが出来ますし、自分の使いやすいように整理することも出来ます。

ビジネスバッグの多くには初めからついていますが、中には大きな仕切りがあるだけ、というものもあります。また、内側ではなく、外側にポケットとしていくつか小物入れがついている物もあります。

もらった資料を入れることだけがカバンの役割ではありませんから、可能ならば購入前に小物入れがあるかどうか、就活するにあたって自分がどんな物を持ち歩くのかを確認し、それに適した物を購入する方がいいでしょう。

■落ち着いた色とシンプルなデザインが吉

就活の際、企業説明会などに参加する方の中には、さまざまなカバンを利用している人を見かけるかもしれません。

しかし、面接や社会人となれば、リックサックなどのカバンはマナー違反です。スーツを着ているのならば、カバンはシンプルなデザインで、落ち着いた色味の物を持ち歩くのが原則です。説明会であれば特に注意を受けるようなことはありませんが、面接やOB訪問など目上の方に会う場合は失礼に当たるため、注意が必要です。

少し柄の入った物や色味の明るい物を持ちたいと思われる方もいるかもしれません。しかし、スーツや靴が黒の場合、それ以外の色だとバランスが取れなかったり、華美に見えてしまうことがありますから、男性と同じくシンプルなデザインで、色味も黒のような落ち着いた色味の物を選ぶといいでしょう。

黒のビジネスバッグはなかなか普段使いに回せないため、購入を悩む方もいるかもしれませんが、しっかりとした造りの物ならば、就活が終わった後もビジネスバッグとして利用できます。これから就活カバンを選ぶ方は、きちんとスーツに合った、マナーを守ったカバンを選びましょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ