企業の「社風・雰囲気」はここを見ればわかる!

企業の「社風・雰囲気」はここを見ればわかる!

2015/01/06

企業研究

就活の悩み・疑問

自分が志望する会社に関しては、仕事の内容や業績はもちろんのこと、実際に入社した場合、どのような場所で自分が働くことになるのかが気になるところ。会社の雰囲気を目にすることができる会社訪問で、どんな点に注意して会社を見ればいいのかを、就活アドバイザー・石井直幹氏にうかがいました。

説明会の見るべきポイントは?

「学生の皆さんが会社、企業の実際の姿を目にする最初の機会が、説明会です。そこでは、自分のいい印象を残そうとか、目立ってこようとかを考えるのではなく、その会社が自分に本当に合うのかどうか、様々な面から見るという意識を持って行く必要があります。そういう意味では、学生の皆さんと企業は対等の立場にあるのです。

説明会等に出てくる社員は基本的に人事や人事に頼まれたはえぬきの社員です。したがって、それらの社員はある意味学生の皆さんに「良い役」を演じるのは当然で、皆良い人で、人前で会社の良さを伝えることのできる人です。ですから、説明会で出会った社員の様子だけで『この会社の人たちは全員いい人だ』と思い込まない方がいいでしょう。むしろ、人事以外、採用に関わる人以外の社員の様子や動き、皆さんへの対応、挨拶があるか、前向きに仕事しているかなどを見てくることのほうが、より意味があります。

また、説明会自体で見られる会社のチェックポイントとしては以下のことがあります。

1.説明会、面接が時間通りに始まるか

→時間通りに始まらないのは、時間や仕事に対してルーズな人が多い、もしくはルーズな社風になっている可能性があります。

→説明会が時間通りに始まらないということは、採用に対してその会社がしっかりと意識を持って人を採ろうと思っていないかもしれません。

2.説明会の準備等が事前にしっかりされているか

→説明会の会場に入った際に、配布資料などが準備されていない、バタついているといった場合は、仕事に対してルーズな会社であったり、採用に関して意識が低い可能性があるかもしれません。

就活に懸命になっている学生のみなさんは、『社会人だから忙しいんだろうな、10分遅れくらいは仕方ないか』と考える人が多いのですが、それは間違いです。社会人だからこそ時間の徹底を図らなければいけないのですから、そのあたりも意識しながら会社の様子を見てくると良いと思います」。

次のページOBOG訪問では突っ込んだ質問を

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ