開始3か月で終了! 就活経験者が短期間で内定をもらうために実践していたこと4選「業界しぼる」

開始3か月で終了! 就活経験者が短期間で内定をもらうために実践していたこと4選「業界しぼる」

2016/05/05

就活hack



就活は短期間で終了すればいいというものでもないですが、やはりつらいことが多くなってくると「早く終わらないかな……」と思ったりしますよね。とはいえ、納得する企業から内定をもらえなければすぐに終わることはできないもの。そこで、3か月以内に就活が終了した人に、短期間で内定をもらうため実践していたことについて聞いてみました。


■あなたは就活開始から3か月以内に就活を終了しましたか?
はい 167人(41.2%)
いいえ 238人(58.8%)

約4割の人が3か月以内に就活を終了しているという結果に。意外と短期決戦で内定を獲得している人も多いようです。では早めに就活を終了した人は、なぜ短期間で終わることができたのかその理由やエピソードを見てみましょう。

■就活のことだけ考える
・その間は就活のことしか考えない(女性/26歳/小売店)
・追い詰めれば追い詰めただけ、自分にかえってくるものがたくさんあるから(男性/29歳/建設・土木)
・だらだらとやるより期間を決めて集中したほうが効率的(女性/27歳/その他)
・バイトを辞めて就活のみの生活をした(女性/25歳/不動産)

他のことに気を取られずに集中すれば、面接練習や企業研究の時間にあてる時間をたくさん取ることができます。就活以外のバイトやサークルなどは、早く終わらせたあとに再開しても十分行う時間がありますよね。

■面接練習をする
・面接での印象が大切だと思うから(男性/30歳/自動車関連)
・シミュレーションをして元気よく面接した(男性/30歳/運輸・倉庫)
・毎日面接をすると慣れる(男性/25歳/医薬品・化粧品)
・面接練習をやることにより自信をもって臨めた(女性/21歳/医療・福祉)

面接練習が大事だという意見も多数。友人に模擬面接を頼んだり、大学の就職課で面接のシミュレーションをお願いする人も。就活ではここを乗り越えなければ内定にはたどりつけないことがほとんどなので、面接練習は短期で決着をつけるには必須のようです。

■業界や企業をしぼる
・早めに自分の仕事のやりたい方向性が見えてくるといい(男性/30歳/ホテル・旅行・アミューズメント)
・働きたい思う条件をはっきりとさせておくと多くの中から選べる(女性/22歳/その他)
・志望動機ややりたいことを使いまわせる(男性/26歳/自動車関連)
・その職場ならではの特徴をしっかりおさえる(女性/27歳/医療・福祉)

狭く深く業界研究や企業研究できるので、幅広く受けている人よりも会社理解ができるはず。同じ業界に絞って見ているので志望動機もほぼ同じようなことを使えます。その中でなぜその会社なのかを言えれば、面接官も「よくわかってる」と納得しそうです。

■自信をもつ
・後に面接官をしていた社員と会った時に「君のことは一番覚えている。全く緊張していなかったよね。」と言われたから(女性/26歳/金融・証券)
・面接のときに笑顔でいたら「笑顔がいいね」と褒められたから(女性/24歳/印刷・紙パルプ)
・「ハキハキしているね」と褒められたから(女性/28歳/医療・福祉)
・自分を信じてやるしかないと思う(男性/30歳/その他)

自信のない人を採用したくないなと思うのは当然のこと。自分に自信をもって明るく面接を受ければ、好印象になるのは間違いありません。笑顔やポジティブさを忘れず面接をするだけで、早期内定にも一歩近づくかも。

いかがでしたか? 早くに就活を終わらせた人は、そのための準備もしっかりと行っているようですね。早くに内定をもらうことが必ずしもいいというわけではありませんが、早期に就活を終わらせたいのなら、ぜひ先輩の声を参考にしてみてください。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2015年4月
調査人数:社会人1~3年目の男女405人

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ