「かかと全体を使う」がコツ。靴底がすり減らない歩き方

「かかと全体を使う」がコツ。靴底がすり減らない歩き方

2014/11/28

就活hack

関連キーワード:

スーツや髪型、化粧などには気を使うけど、意外と見落としがちなのが靴のこと。会社訪問や面接へ行くに「履き慣れている物がいい」と靴底がすり減った手持ちの靴を履いて済ませてしまう人も多いのでは? でも、以外と足下見られてます! すり減ってくたびれた靴では印象ダウン。歩き方にも影響するので全体の印象も左右します。そんな靴底と歩き方の関係をポスチュアウォーキング協会認定ポスチュアスタイリストの貴島弓雅さんに話をうかがいました。

■まず大切なのはワイズを知ること
靴底がすり減らない歩き方をするためには、まず、サイズの合った靴選びをすることが大切です。みなさんが靴を選ぶときに最初に合わせるのはサイズですね。23㎝、25cmなど、通常は足の「サイズ=長さ」を基準に選んでいると思います。しかし、それだけではフィットした靴は選べないのです。ここで重要になってくるのが「ワイズ=足囲」です。EE、EEEという表記をみたことがあると思います。最近では靴屋さんで測ってくれるところも多いので、一度自分のワイズを知るということから始めてみてください。
まずは、サイズもワイズもちょうどぴったりな靴を履くことが、歩き方にも大きく影響してきます。

■お店ではここをチェック!
店頭で選んだ靴が自分に合っているかどうか。特に女性のパンプスは歩いていると前へ滑り出す傾向があるので、必ず試着時には歩いてみてください。加えて簡単なチェック方法があります。まずはつま先立ちした時にかかとがスポっとぬげないこと。そしてまっすぐきれいな姿勢で片足立ちができるか確認してみてください。合わない靴を履いていると、脱げないように無意識に足を引きずってしまいます。そうすると靴のかかとのすり減り方が早かったり、内側や外側だけがすり減ってしまいます。

次のページ歩くポイントは「かかと全体」を使うこと

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ