「客観的」は「冷めてる」こととほぼイコール? 企業が評価する「客観的な人」とは?【企業サイドから見る「自己分析」17】

「客観的」は「冷めてる」こととほぼイコール? 企業が評価する「客観的な人」とは?【企業サイドから見る「自己分析」17】

2015/04/08

就活hack

自己分析入門

今回も、前回に続き自己PRでありがちな「客観的である」というキーワードについて書いていきます。

■「客観的である」≒「冷めている」

企業、特に新卒採用をしようと考えている企業は、組織体制がある程度固まっていて、仕事も組織の中でグループ単位か、もしくはラインに乗って仕事をしていきます。

さらに、どんな仕事であっても、一人だけで着手して一人だけで完結することはほぼありません。ラインの人間はもちろん、仕事に関係する他部署や社外の取引先の人とタッグを組んだりします。

押したり引いたりの駆け引きをしたり、場合によっては「損して得取れ」の精神で、相手に譲歩したり、相手に頭を下げたりして進めていくものです。

企業の利益というのは、社員が一丸となって、業務にまい進することによって達成できます。チームプレイなので、時には自分が「損な役回り」を買って出ないといけない場面もあるでしょう。

理不尽なことで、上司や先輩に叱責されることも、現実にはよくあります。

企業の利益に貢献するためには「自分にはそんなことできない!」などと言うことはできないし、そんなことを言う人間は、ビジネスの世界では「仕事が出来ない人」のレッテルを貼られてしまいます。

学生時代の価値観と、社会人以降の価値観を、天動説と地動説にたとえて考えてみましょう。

学生時代までの行動というのは天動説を信じていればよかったけれども、社会人以降はいきなり地動説を信じないといけなくなることもあります。

頭では判っていても、実践するのは難しい。

なぜなら、鼻はまだ天高く伸びているから。地動説に移行するには、この鼻を折る必要があります。でも、簡単には折れません。

学生レベルでは「客観的である」ということと「冷めている」ということが、結果的にほぼイコールになっている人が多いのですが、ハッキリ言って全くの別物。

一つの仕事に対して「結果を出そうと共通認識で盛り上がっている仲間」と「共に盛り上がれないタイプ」というのは、企業にとっては、批判分子と見なされます。

厳しい言い方ですが、給料を払っている以上は、企業の理念や方針に同調できない人間は、評価のしようがありません。

次のページ企業が評価する「客観的な人」

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ