意識すれば印象はガラッと変わる! 就活時の履歴書の手渡し方・封筒の扱い方

意識すれば印象はガラッと変わる! 就活時の履歴書の手渡し方・封筒の扱い方

2015/11/02

就活hack

関連キーワード:

就職活動の第一関門でもある履歴書は記入する内容も大切ですが、手渡し方や扱い方もしっかりとチェックされています。気持ちの良い受け渡しができてはじめて履歴書が完成すると言っても過言ではないでしょう。そこんで今回は上手な手渡し方と付属品である封筒の上手な扱い方を紹介します。

■履歴書と封筒は必ずセットにしましょう

清書した履歴書をむき出しのまま持参するということは絶対にやめましょう。履歴書を粗雑に扱っていると思われてしまう上に、個人情報が駄々漏れになってしまい危機管理のない人という印象を持たせることになっていまいます。これではどんなにしっかり書き込んだ履歴書も台無しです。必ずA4サイズの履歴書を折り曲げずに入れることができるサイズの封筒を用意しましょう。

■さらに履歴書をガードできるクリアファイルを用意

履歴書を封筒に入れたとしても、鞄の中にいれておくと他の荷物があたって封筒が折れ曲がってしまう可能性があります。折れ曲がった書類というのはとにかく印象が悪いものです。文字やイラストが入っていないきれいなクリアファイルを用意してはさんでおくようにしましょう。提出するときは、クリアファイルから出すようにするとスムーズです。

■履歴書は出しやすい場所にしまっておこう

就職活動中はいつ何時履歴書の提出を求められるかわかったものではありません。急に提出を求められても慌てることがないように、出しやすい鞄の内ポケットやサイドポケットに入れておくようにしましょう。出すときに折れ曲がったりすることがないように、大きめの鞄を用意するとよりスムーズな受け渡しができます。

■面接官に履歴書を受け渡すときの作法

扱い方がわかったところで、いよいよ提出の仕方をマスターしましょう。順番としては

1.自分で封筒から履歴書を取り出す

2.封筒の上に履歴書を重ねる

3. 面接官の向きに合わせて履歴書を差し出す

が適切です。くれぐれも面接官の手間をかけないように気配りをすることが大切です。渡す際には無言ではなく「よろしくお願いいたします。」の一言を忘れずに。また面接官ではない人に履歴書を提出する場合にも両手で履歴書を持ってお辞儀をしながら渡しましょう。どんなときも気を抜かないことが成功の秘訣です。

■封筒を選ぶときと書式のコツ

履歴書を入れる封筒はA4用のものを選びましょう。最近はベージュの封筒も多く販売されていますが、やはり就職活動には白いタイプが無難です。購入したら表面の左下に赤いボールペンで「履歴書在中」と記入し、定規で四角く囲います。裏面左下には黒いボールペンで履歴書を提出する年月日、住所と氏名を書けば完成です。提出する際に封筒は不要と言われる場合があるため、指定がない限り封はしないようにしましょう。文字に自信がないという人も、気持ちを込めて丁寧な文字を書けば気持ちは伝わります。

履歴書の手渡し方と封筒の扱い方をまとめて紹介しました。社会人になると書類を取り扱う機会がぐっと増えるため、履歴書の受け渡しはその事前練習とすることができます。正しいルールを身につけて、気持ちのいいやりとりをしましょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ