【あるある】「バイトリーダーアピール」「意識高い人がいる」。グループ面接あるある

【あるある】「バイトリーダーアピール」「意識高い人がいる」。グループ面接あるある

2015/03/25

ニュース&コラム

関連キーワード:

複数人の学生を集めて行うグループ面接。個人面接とは違い、他の人の回答を聞いたりして、無意識のうちに微妙なプレッシャーがかかったりしますよね。今回は就活を経験した学生に聞いた「グループ面接あるある」をご紹介します。

■自分の番がまわってくるまで心臓がバクバクなり続ける(男性/食品・飲料内定)

→最初に答えるのも緊張しますが、後に残るのもつらいですよね!

■前の人の発言に影響を受ける(女性/不動産内定)

→気が付いたら最初に考えていた事と真逆の事を答えてた……なんて事も。

■自分の考えていた事と似たような事を言われると、頭が真っ白になる(男性/農林・水産内定)

→そしてとっさにリカバリーしようとして撃沈……。

■自己PRが「リーダー経験」(男性/アパレル・繊維内定)

→「バイトリーダー」「文化祭実行委員」あたりが人気。

■質問ごとに答える順番が逆になるから、真ん中だとラッキー(男性/学校・教育関連内定)

→と見せかけ、「真ん中の方からお願いします」となって頭真っ白。

■やたらと「うんうん」とうなずく(女性/情報・IT内定)

→内心「負けない」と思っていても、笑顔でうなずきます。

■隣の人と面接官が盛り上がってたのに、自分の話では盛り上がらずやる気がなくなる(男性/情報・IT内定)

→これは帰りたくなりますね。

■前の人のしゃべった内容と一部同じで、なおかつ自分の方が活動暦が長いと申し訳なくなる。例えば、前の人→「中学3年間○○部で活動しておりました」、自分→「中学、高校と○○部(前の人と同じ部活)で活動しておりました」(女性/サービス内定)

→隣の人の視線が痛いです。

次のページ意識高い系に圧倒される

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ