始めたものの、不安・混乱……。就活で自己分析をする前に知って欲しいこと 【企業サイドから見る「自己分析」 1】

始めたものの、不安・混乱……。就活で自己分析をする前に知って欲しいこと 【企業サイドから見る「自己分析」 1】

2015/03/28

自己分析

企業研究

■自己分析は「ありのままの今の自分を語ること」

自己分析に関する情報は、実にたくさんあります。なぜかというと、自己分析というのは人によって全て違うから。価値観や将来像、そしてキャラクターが違えば、当然やり方が変わってきます。

でも根本は誰にとっても同じなんです。要は、 「ありのままの今の自分を語ること」。これができれば自己分析は終わりです。ハッキリ言って全然難しくないんです。

ただし、 今の自分を語るのには、過去の自分を素直に認めることが必要です。これから順番に説明しますが、新卒採用で企業が見るのは、

「できるだけ早い将来、当社の成長に寄与してくれる人材か? 費用対効果はありそうか?」

です。このゴールを意識して、今の自分を過去から考えていくこと。これが大切です。

転職活動をする人間の場合は、今までの仕事の実績と、その時点でのスキルが問われます。キャラクターやポテンシャルも当然見られますが、あくまで社会人の即戦力として視る。でも 新卒は、キャラクターやポテンシャルのみ。ここも結構重要なファクターですね。

就活で一番大事なことは、いかに 「自分のありのままの素の姿を、会社サイドに伝えるか」です。それを見て、最終的に判断するのは企業ですが、一番悔しいのは、自分という人間を伝えきれずに落ちてしまうこと。これだけは避けたいですよね?

次のページありのままの今の自分を語る為に

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ