面接中に使えるベストな「リアクション」3選

面接中に使えるベストな「リアクション」3選

2015/03/19

就活hack

関連キーワード:

友人や家族との会話の中で何気なく行っている「リアクション」。しかし、面接で「うんうん」「そうだよね」なんて普段通りの言動をするのは失礼にあたります! そこで、面接時にはどんなリアクションをとるのがベストなのか、新入社員研修から採用面接官向けの講座など、幅広く展開している株式会社インソースのマネージャー・水野さんに「面接時に効果的なリアクション3選」をご紹介いただきました!

■グッドリアクション①:クッション言葉を使う
「自分が発言したことに対して面接官から意見や感想をもらったときは『仰るとおりです』といったように、相手の意見を一度受け止めるクッション言葉を使ってみましょう。面接での質問内容は正解がないものがほとんどなので、面接では会話のキャッチボールをすることを意識するといいですよ」

一方的に自分の意見を述べるのではなく、相手の言葉を受け止めることも大切とのこと。一度クッション言葉を入れることで、よりコミュニケーションを取りやすくなるそうです。

■グッドリアクション②:感情を込めて適度に言葉を添えて反応する
「『相手の話を聞く姿勢』としても、リアクションは大切です。面接官の話の中に新しい発見があったときは、驚いた表情で『そうだったんですか!』と言った方が気持ちが伝わりますよね。また、ひとつひとつ声に出さなくとも、無言でうなずくだけでもいいリアクションになります」

コミュニケーションという観点でも、「反応」はとっても大切ですよね。面接時にオーバーすぎない適度なリアクションを取れるように日常会話で練習しておきましょう。

「そして、気をつけてほしいのは『反応が薄すぎること』です。これは業種や職種関係なく『一緒に仕事をする』という観点から、薄い反応は好まれない傾向がありますので。もしもこれまでの自分を振り返って『あまりリアクションしないタイプだったな』と感じる方は、日常会話で意識してみると訓練になりますよ」

たしかに、話していても相手の反応が薄いと「聞いてるのかな......?」と不安になりますが、それは面接官も同じなんですね。

■グッドリアクション③:質問の意味がわからなければ面接官に「聞き返す」
「もしも、面接官の質問の意図がわからなかったときには『今の質問は●●ということでしょうか?』と、再度聞くようにしましょう。『聞き返したら悪印象かな』と思い込んで、質問の意図を勘違いしたまま答えてしまう学生もいますが、むしろ『話を聞いていない人』という印象を与えてしまうかもしれないので注意しましょう。就活生が質問することで、面接官側も『この聞き方はまずかったかな?』と、質問方法を変えるきっかけにもなるので、お互いのためにもなるんですよ」

このように『わからなければ質問する』という行動は、日常生活や社会人になってからも大切なことですよね。

次のページ覚えておきたい!「NG」なリアクションは?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ