オンライン英会話、実際にやってる人はどのくらい?

オンライン英会話、実際にやってる人はどのくらい?

2015/06/24

ニュース&コラム

関連キーワード:

外資系企業に限らず、選考で学生の英語の力を重要視している企業は多くありますよね。英語力を伸ばすためのツールとして「オンライン英会話」を最近よく目にしますが、実際に利用しているという人はどれくらいいるのでしょうか。

MMD研究所が、20歳から59歳の男女3万3105人を対象として「オンライン英会話サービスの認知」に関する調査を行い、その結果を発表しています。

この調査で、オンライン英会話サービスを「知っている」と回答したのは全体の29.2%で、その中でも実際にオンライン英会話を利用したことがあると答えたのは15.6%。つまりは実際に利用しているのは全体の4%程度でした。

グラフ1  グラフ2

そしてオンライン英会話を実際に利用している人たちが、サービスの選択(どの会社のオンライン英会話を選ぶか、ということですね)にあたってどのようなポイントを重視したのかも聞いています。

グラフ3

「料金の安さ」が頭ひとつ抜けたトップで、32.6%。以下、「講師の質」(22.9%)、「予約のしやすさ」(22.5%)、口コミの評判(22.5%)、「無料レッスンの回数」(20.0%)と続きます。ちなみに実際にメインで利用しているサービスの一番人気は「レアジョブ英会話」(21.0%)。以下、「DMM英会話」(18.4%)、「ECCオンライン英会話」(17.7%)の順でした。

サービスの選択にあたって価格を重視したという方が多いようですが、オンライン英会話自体、英会話教室よりも費用がリーズナブルだという点が受けているのかもしれませんね。

「就活に備えて手軽に英会話を学びたい」と思われる方は、一度オンライン英会話の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ