客観的な数字で企業をチェック! 就活生向け「財務分析」基本のキホン - 財務諸表の読み方・後編 -​

客観的な数字で企業をチェック! 就活生向け「財務分析」基本のキホン - 財務諸表の読み方・後編 -​

2015/06/25

就活hack

関連キーワード:

第2回:財務分析って何?どうやるの?- 財務諸表の読み方・後編 -

前編はこちら

■会社の主要な活動その2 – 商品を販売する

さて、前回は会社を設立し、商品を仕入れるところまでみました。仕入れた商品は売らなくては利益が上がりません。皆さんは、自身の補助としてアルバイト販売員を10万円で雇いました。その成果か、仕入れ値で30万円分の商品が売価60万円で売れました。 掛け売りです。この場合の仕訳は下記のようになります。

図1

売掛金とは前回説明した買掛金の逆の立場で計上されるものなので、「後でお金を受け取れる権利」です。このような権利は会計では資産とされ、B/Sの左側、つまり資産の部において「売掛金60」が計上されます。一方の売上は業績を示す数値です。前回も述べたようにP/Lにおいて計上される項目で、P/Lにおいて「売上高60」が計上されます。

図2

話が前後しますが、先ほど雇い入れたアルバイト販売員への給料10万円の支払いについても仕訳が必要となります。

図3

左側の給料は、P/Lの 「販売費及び一般管理費」に計上されます(ちなみに、アルバイトであれ正規雇用の従業員であれ販売活動に係る人件費は「販売費及び一般管理費」として計上されます)。右側の「現金10」は本来、B/Sにおいて左側に計上されるべき資産ですが、逆の右側に出てきたということは「マイナス」を意味します。つまり、アルバイトの「給料として」「現金を」10万円支払ったという活動がこの仕訳で示されています。

図4

これまでの活動で、P/Lにおいては「売上60-費用60(仕入50+給料10)」が計上され、利益は「0」となります。一方のB/Sは、左側の資産の部が「現金90(=100-10)」「売掛金60」、右側の負債の部が「買掛金50」、同じく右側の純資産の部が「資本金100」「繰越利益剰余金0」で、左右ともに合計値は150となっています。

図5

次のページ残った在庫はどうなる?

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ