AIで画像が作れる? 話題のAIイラスト作成を試す方法

学生の窓口編集部

お気に入り!

あとで読む

AI画像生成

AI画像生成とは、「欲しい画像をAIが描いてくれる」という革新的な技術のことです。2022年は優れた画像生成AIが次々と発表され、クリエイターの間で話題沸騰中!

プロのクリエイターでなくとも、私たちが普段使っているSNSでも活用できそうなAI画像生成。無料で試しに使えるものがあるなら使ってみたいですよね。
そこで今回のトピックスはこちら。

・AI画像生成とはどんなもの?
・AI画像生成ができるおすすめサービス・アプリ
・注意したい著作権問題

実際にサービスを使ってみた様子もご紹介していますので、よろしければ参考にしてみて下さい。(2022年12月時点)

「AI画像生成」とは?欲しい画像が作れる!

「AI画像生成」「画像生成AI」とは?

自分が欲しい写真・イラスト・絵をあらわす言葉を入力するだけで、希望に沿った画像をAI(人工知能)が生成してくれるサービスのこと。

例えば「マフラーを巻いた犬」が欲しい場合、「犬」「マフラー」などのキーワードを入力欄に入れて実行するだけで、AIが画像を生成してくれます。これは便利ですね!

希望通りの画像を入手するコツ

希望するイメージにピッタリの画像を入手するためのコツは次の3点。

●自分に合ったソフトを使うこと。
⇒ソフトによって画像のテイストが異なるため(アート風、アニメ風など)

●キーワードを工夫すること。
⇒「マフラー」「犬」ではなく「マフラーを巻いた犬」に変えてみるなど

●何回か「実行」してみること。
⇒同じキーワードでも何回か実行することで、違う画像を提案してくれます。

「マフラー」「犬」といったキーワードのことを専門用語で「プロンプト」と呼びます。プロンプトを適切に入力することが、望み通りの画像を入手する最大のカギとなります。ちなみにAI画像生成サービスは英語版のものも多く、その場合にはプロンプトも英語入力となります。

AI画像生成ができるおすすめwebサービス・アプリ

「AI画像生成、早速お試ししてみたい!」

そんなあなたのために、おすすめのAI画像生成サービスをご紹介。日本語で入力できるものや見た目の分かりやすさ、英語版でもよく知られたものなどを中心にピックアップしました。無料で使えるものが多いですが、一部有料サービスもありますのでご注意ください。

とりんさまAI【アニメ風・日本語OK】

Twitterアカウントをお持ちのあなたにおすすめなのが「とりんさまAI」。ゲーム開発などを行うBit192がTwitter上で稼働させている日本発のサービスです。

●とりんさまAIのポイント
・使い慣れたTwitterでやりとりできお手軽
・二次元アニメキャラ風イラストが得意
・日本語入力OK
・無料で使えます

そしてTwitterアカウントはこちら。

とりんさまAI/Trin-sama AI
@trinsama

使い方はアカウントTOPに記載されています。

わたしはトリン。お題でお絵かきができる「トーンスフィアの神さま」。
@で「お絵かき (お題)」と投げるとお絵かきができます。
(引用:@trinsama)

つまり、Twitterで「@trinsama お絵描き マフラーを巻いた犬」といった具合にリプライすればOKです。とってもお手軽なので早速お試ししてみては。

お絵描きばりぐっどくん【実写風・日本語OK】

TwitterよりもLINEの方がいい!というあなたにおすすめなのが「お絵描きばりぐっどくん」。こちらは長崎の西海クリエイティブカンパニーが運用しているLINE上のアプリ。後ほどご紹介する”Stable Diffusion”がベースとなるサービスです。

●お絵描きばりぐっどくんのポイント
・LINEで友だち追加をすると使える
・実写風CG画像が得意
・日本語入力OK
・無料で使えるが、1日の利用回数に上限あり

使い方は簡単。欲しい絵を説明する言葉をトークで送るだけです。

例えば、
“ゴッホが描いた長崎県西海市の港”
“ピカソが描いた福岡県飯塚市の大学のキャンパス”
"馬に乗った宇宙飛行士の写真"
などなど、描きたい絵を説明した言葉を送ってね。
(引用:お絵描きばりぐっどくん公式)

送ってしばらく待つと絵を返信してもらえます!

お絵描きばりぐっどくんはこちら

ちなみに、ばりぐっどくんファミリーにはイラスト専門の「イラストお絵描きばりぐっどくん」も。イラストが欲しい方はこちらもおすすめです。

Canva【日本語または英語で】

次にご紹介するのは、オーストラリア生まれのオンラインデザインツールCanva(キャンバ)。Canvaは豊富なテンプレートから誰でも簡単に、しかも無料でデザインができると大人気なのですが、実は新たにAI自動生成アプリも登場しています。

アプリの名前は「Text to Image」。Canvaのトップページから「横3本線」のメニュー→「アプリを検索」でアクセスすることができます。

●Canvaのポイント
・AppleやGoogleのIDを使ってログインが必要
・写真・イラスト・3Dなど種類を選べる
・日本語でも入力できるが英語の方が確実
・無料で使えます

基本的な使い方は上記の2つと同様、言葉で指示してあげればOKですが、日本語はまだ少し苦手かもしれません。実際に「マフラーを巻いた犬」で試したところ、「犬」は認識したようですが「マフラー」が認識されない様子。そこで、英語で「a dog wearing a scarf」としたところ首に巻いた犬が登場!

canva AI画像生成

(引用:Canva)

ちなみに上記の画像は「イラスト」を選択しました。
比較的リアルなデザインの画像となるようですね。

Canvaはこちら

NovelAI【ハイクオリティな二次元キャラ】

NovelAI(ノベルエーアイ)は2022年10月に本格サービスがスタートしたばかりのAI画像生成サービス。正確にはストーリー生成AI「Novel AI」内のサービスの1つとして提供されている形です。

運営しているのはアメリカのAnlatan社。こちらは有料となりますが、画像のクオリティの高さで大注目となっています。

●NovelAIのポイント
・二次元美少女キャラが得意
・英語入力が必要&サイトも英文表記
・有料サブスクリプション加入やクレジット購入が必要

英語が堪能な方以外は、Googleの無料サービス「Google翻訳」を使って英語翻訳したものを入力するのがお手軽。また、英文サイトの方もGoogle Chromeのブラウザを使えばページの翻訳機能が優秀です。

Google Chromeのページ翻訳機能を使うには、

1.「Chrome」→「環境設定」

2.「言語」→「Google翻訳を使用する」をONにする
Google翻訳を利用する

これでOKです!英文サイトを閲覧する時にも便利ですよ。

NovelAIはこちら

StableDiffusion【画風バリエーション豊富】

Stable Diffusion(ステーブル・ディフュージョン)は英語版の画像生成AI。先にご紹介した「お絵描きばりぐっどくん」はこのStable Diffusionを使用しています。

●Stable Diffusionのポイント
・実写風・絵画風・アニメ風などが作れる
・英語入力が必要
・無料で使えます

Stable DiffusionはサービスというよりAIそのものなので、本格的に使おうとすると環境を整える必要があり初心者にはハードル高め。ですが初心者でも簡単にお試しができるWebサイトが公開されていましたので、次からはそのお試しの様子をレポートさせていただきます!

画像生成AI「Stable Diffusion」を使ってみた

今回は、上記のStable Diffusionをお試しできるWebサイトとして、

Stable Diffusion 2 Powered by Baseten

こちらを使って画像生成を実際に試してみます。英語版なので、Google翻訳も合わせて使っていきます。お題は「マフラーを巻いた犬」にしましょう。

1.ブラウザでGoogle翻訳を立ち上げ、日本語のところに「マフラーを巻いた犬」と入力。

Google翻訳

すると自動的に「dog with scarf」と出ましたのでこれをコピー。

2.上記サイトを立ち上げ「Prompt」のところに「dog with scarf」をペーストして「Generate」をクリック。

Stable Diffusion 2 Powered by Baseten

待つこと1分半くらい…出てきました!

Stable Diffusion 2 Powered by Baseten

こんな感じで写真のような仕上がりに。プロンプトの入力次第では絵画のゴッホ風や、アニメのナウシカ風やワンピース風など、さまざまアレンジができるようです。これは楽しいですね!

AI画像生成で注意したい著作権問題

「AIが絵を描く」という今までに無かった新しいサービスが生まれたわけですが、著作権の方はどのような扱いになるのでしょうか。

結論からいうと、現在はAIに作ってもらった画像に著作権は発生せず、自由に使うことができます。ですがAIの使い方によっては著作権が問題になることがあります。

実は、AI画像生成には先ほど解説した「キーワード→画像生成」のほかに「画像→画像生成」というサービスもあります。これは元となる画像を投入してAIに学習させることで、新たな画像を生み出すというもの。

このパターンの画像生成は、オリジナル画像の著作権に注意する必要があります。一例として、mimicという画像生成サービスで考えてみましょう。

mimic(ミミック)

自分で描いたイラストを30枚ほどアップロードすることで、AIがその特徴を学習し、イラストメーカーとなって似たイラストを自動生成するサービス。

mimicのサービスは本来、イラストレーターなどが自分で描いた絵をアップロードすることを想定しています。つまり「自分が権利を持つ著作物」を活用することで、AIがイラストメーカーとなってアシスタントのように働いてくれるわけです。

ところが、イラストレーターの絵を無関係の第三者がアップロードしてしまったとしたら…?大好きなイラストレーターとよく似た絵を簡単に入手できてしまうかもしれません。このとき元のイラストレーターの絵と明らかに似ている場合、著作権の侵害にあたる可能性が出てくるのです。

現在mimicでは事前審査を強化し、他人のイラストを勝手にアップロードするといった不正利用はできないようになっています。ですが、今後も新しいサービスは次々と出てくるでしょう。どんなサービスでも「他人の写真や絵には著作権がある」ことは忘れないようにしましょう。

まとめ

「絵心がないから…」
「CGソフトを持ってないから…」

今まで諦めていた、望みどおりのイラストや CG画像。これからはAIが生成してくれる時代になったということですね。これは確かに革新的と言うべきでしょう。慣れてくればキーワード次第で表現の幅は広がりますし、技術も猛スピードで進化していくはず。日本語サービスもありますので、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

文:学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

学生の窓口編集部

「3度のご飯よりも学生にとっていいことを考える!」の精神で
大学生に一歩踏み出すきっかけコンテンツをたくさん企画しています。
学生生活に役立つハウツーから、毎日をより楽しくするエンタメ情報まで
幅広く紹介していますので、学窓(がくまど)をチェックしてみてください!

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催