ヒット漫画が3作以上! 才能あふれる漫画家14人

編集部:すい
2016/12/20
学生トレンド
あとで読む

ワンピースの尾田栄一郎先生、ドラゴンボールの鳥山明先生、進撃の巨人の諌山創先生…、世界でも人気のある作品を生み出す天才漫画家たち。そんな中、ヒット作を複数本生み出した神ベルの作家も存在します。上記の作家は若くして社会現象になるほどの大作を長期にわたって連載していたため作品数としては1~2本と少なめ。そこで、今回は3本以上ヒット作を生み出した超天才漫画家を紹介します。ヒット作の定義は、コミック10巻以上、映像化・ゲーム化、現象、イメージで筆者が独断で選抜します。

▼こちらもチェック!
大物漫画家に次に書いてほしい作品は? 大学生に聞いてみた

■まだまだ生み出せる? 年齢40代以下

●鈴木央先生

「七つの大罪」が大ヒット中の先生、過去にも「ブリザード・アクセル」「ライジングインパクト」などがコミック10巻超え、さらにこの3作品は掲載誌も違うため、将来が期待される作家のひとりです。

●荒川弘先生

「鋼の錬金術師」「銀の匙」は映画化される大ヒット、「アルスラーン戦記」は作画を担当しています。ちなみ女性作家です。

●久米田康治

「行け!! 南国アイスホッケー部」「かってに改蔵」「さよなら絶望先生」などギャグ色の強い作品が多い作家です。

●小畑健

大場つぐみ先生とタッグを組み、作画として担当した「DEATH NOTE」「バクマン。」、またほったゆみ先生原作で「ヒカルの碁」も大ヒットしました。

●ハロルド作石先生

不良漫画「ゴリラーマン」、バンド少年の成長を描いた「BECK」、架空の球団のクローザーを主人公にした「ストッパー毒島」など、繊細なタッチかつギャグも多く取り入れた作品がヒットしました。

●井上雄彦先生

世界的にヒットした「スラムダンク」をはじめ「バガボンド」、車いすバスケを題材にした「リアル」もヒット中。

次のページ50歳代以上でもまだまだ!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催