出勤するサラリーマンに囲まれて帰る朝ほど優越感を感じるものはない。欠伸を噛み殺して不機嫌な顔をしている大人たちを横目に…|エッセイ企画「#Z世代の目線から」キーワード:夜

編集部:ベッシー

お気に入り!

あとで読む

エッセイキーワード:夜
エッセイタイトル:『さとり世代』/著者:らな さん

553文字/2分かからないくらいで読み終わります。

出勤するサラリーマンに囲まれて帰る朝ほど優越感を感じるものはない。欠伸を噛み殺して不機嫌な顔をしている大人たちを横目に、温かい布団を想像しながら電車に揺られるのはこの上ない幸せだ。
 なんて悠長なことを言ってみたりする私だが、大学生活中に朝まで飲んだのは片手で数えられる程しかない。横浜や大宮に住んでいる友達に合わせて23時前に解散して、翌日の昼間までぐっすり眠るのが現実だ。酒で潰れたことも、記憶を飛ばしたこともない。ナンパについて行ったこともないし、クラブにも行ったことがない。
 これがさとり世代ってやつなのだろうか。
 ただ、そんな私でも言えるのは、渋谷が1番綺麗なのは間違いなく早朝だということだ。朝日がビルの窓ガラスに反射してキラキラしている。交差点も、人が少ないからのんびり歩くことができる。
 こんなにも地味な感動を味わうことができるのは大学生の醍醐味だろうか。
 大人になるのが怖い。

 23時30分、アルバイトが終わって疲れ果てた身体で酒臭い電車に乗り込む。訳がわからないほど酔っ払っている人を見て、無責任で無計画な自由奔放さを羨ましいと思う。物価高と円安を気にしてちまちま貯金ばかりしている自分の悲観的な性格に萎える。電車を降りたら、動物の動画を見ながら家まで歩くことが地味な幸せ。これが週6日。こっちが本当の私。


著者: らな さん
学校・学年:日本大学 4年
著者コメント:エッセイを書いたのは初めてです。難しかったけど、もっと上手くなれば楽しいだろうなと思いました。

エッセイに共感したらシェアしよう!

==============

あなたもエッセイを書いてみませんか?12月のキーワードは“あなたの2022”

編集部:ベッシー

編集部:ベッシー

昔ながらの大学生活でイメージされるような大学生活を謳歌し、就職活動はちゃんとやらず、社会人のスタートではつまづき、いろんな会社を転職しながらキャリアビルド。学生や若い人のチャレンジを応援したい、頑張れる場を提供したいという想いを持って編集部で活動中。伝えたいメッセージは「自分で考え、自分で動き、人にはどんどん頼りましょう」

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催