「記憶を消去してもう一度見たい!」と思ってしまう衝撃の結末の映画5選

がくまどエンタメ部
2019/09/15
学生トレンド
あとで読む

「記憶を消去してもう一度見たい!」と思ってしまう衝撃の結末の映画5選

思いも寄らぬ人物が犯人だったり、まさかのどんでん返しが起こったり、予想だにしないラストシーンを迎えたときの驚きと感動は何度でも味わいたいもの。ただ、一度見てしまうと当然ですが新鮮さは薄れてしまいます。

そんなとき、「記憶を消してもう一度見直したい!」と思ったりしませんか? 今回は、記憶を消してもう一度見たいと思えるほどの「ラストが衝撃的だった作品」をご紹介します。

『アイデンティティー』(2003年)

ある悪天候の夜、人里離れた一軒のモーテルに元警官のエドなど11人の男女が集まります。彼らは豪雨を避けるためにモーテルを訪れたのですが、さらに天候がひどくなったためにモーテルに閉じ込められてしまいます。静かに雨が弱くなるのを待つ11人でしたが、そのうちひとりの女性が何者かに殺されてしまいます。
実は集まった11人の中には護送中の連続殺人犯・ロバートもいて、彼の行方がわからなくなっていたのです。エドはロバートの行方を追いますが、また新たに殺人事件が起こり……。

モーテルの中で起こる連続殺人事件とその犯人を追う元警官……。さて犯人は誰だ? というよくあるサスペンスものを想像させるあらすじですが、なかなかどうして。思ってもみなかった展開が待ち受けています。そのラストは「なるほど!」と膝を打つことでしょう。

また、作中にはさまざまなヒントが隠されているので、単純に推理ものとしても楽しめる作品です。

『ファイト・クラブ』(1999年)

ぜいたくな暮らしをしながら満たされない毎日を送るジャックは、ある日出張でタイラーという男性と出会います。その後、ひょんなことからタイラーと再会したジャックは、彼から「俺を思い切り殴ってくれ」とお願いされます。

ジャックは仕方なくタイラーを思い切り殴りますが、タイラーも力いっぱい殴り返し、本気の殴り合いに発展してしまいます。しかし、ジャックは殴り合いに不思議な高揚感を覚え、そこから二人は事あるごとに殴り合うことに。いつしかその殴り合いに知らない男性たちが交じるようになり、ジャックとタイラーは夜な夜な殴り合いをする秘密の集会「ファイト・クラブ」をつくるのでした……。

空虚な毎日を送っていたサラリーマンが、本気の殴り合いをすることで「生きている」と実感し、毎日を充実させていきます。まるで人が変わったように生き生きとするジャックですが、次第に相棒のタイラーがおかしな行動を取るようになり、そこから話が大きく動きます。

海外の映画雑誌の「歴代最高の映画ランキング500」でも10位に選ばれるほどのストーリーとまさかの結末は必見です。

『SAW』(2004年)

ゴードンとアダムは、老朽化したバスルームに頭を銃で撃ち抜かれた死体と一緒に閉じ込められてしまいます。彼らは、「ジグソウ」と名乗る殺人鬼から「朝の6時までに脱出できなければ死んでしまう」と告げられ、部屋から脱出するためのゲームを強いられることに。

二人は、部屋に残されたヒントを頼りに脱出する方法を探りますが、脱出につながるような方法が思い浮かびません。追い詰められて半狂乱になったゴードンはついに無謀ともいえる方法で脱出を試みますが……。

低予算ながら大ヒットしたサイコスリラーの傑作。ストーリーは、ゴードンとアダムが閉じ込められている密室と、かつて部下を殺された元刑事がジグソウを追う模様との二つの軸で描かれており、それぞれが複雑に絡み合っています。非常に丁寧なストーリー運びだからこそ、衝撃のラストが引き立ちます。ただ、かなりグロいシーンが多いので、苦手な人は要注意です。

『シックス・センス』(1999年)

小児精神科医のマルコムは、かつてカウンセリングを担当した青年に銃で撃たれてしまいます。その事件をきっかけに、マルコムは「死者を見ることができる能力」を持つようになりました。銃撃の負傷から復帰したマルコムは、その能力を使って複雑な精神病を抱えた少年コールの治療を担当します。

実はコールも「死者を見ることができる力」を持っていて、それが原因で周囲に避けられていたのでした。マルコムはコールと交流を深めますが、実はその能力にはある秘密があって……。

死者が見えるという共通の能力を持つ精神科医と少年が、カウンセリングを通して心を通わせていくというハートフルストーリーに思えますが、一筋縄ではいかないのがシャマラン監督作品。ラストにまさかのどんでん返しが待っています。コール役のハーレイ・ジョエル・オスメントの演技も涙を誘います。

『ゲット・アウト』(2017年)



主人公のクリスは、付き合っている恋人・ローズの実家にあいさつに行くことになります。クリスは「自分が黒人であることを相手の親は不快に思わないか」と心配しますが、幸いにもローズの両親であるアーミテージ夫妻はクリスを温かく歓迎。みんなで楽しく夕食を取りますが、アーミテージ夫妻やローズの弟の様子がおかしいとクリスは感じます。
その翌日、アーミテージ家にさまざまなお客が招かれパーティーが開かれますが、そこに集まった人たちもなぜか不気味な雰囲気。怖くなったクリスは友人に電話しようとしますが、なぜか充電が切れていて……。

アフリカ系アメリカ人の青年が、白人のガールフレンドの実家で奇妙な出来事に巻き込まれていくさまを描いたホラー映画です。人種差別を「恐怖」という視点で描いているのが特徴。さまざまな伏線を巧みに織り交ぜ、それらをきれいに回収してまさかの結末にうまくつなげるストーリーが秀逸です。


今回紹介した5本はどれも結末がすごい映画として有名です。ちょっと調べればラストシーンを紹介したwebページが出てくるので、未見の人はとりあえず検索などをせず、まず見るようにしてください。思いもよらぬ衝撃的なラストを迎えたときの驚きと感動は格別です。

(中田ボンベ@dcp)

試写会&チェキ
プレゼントはこちらから

もっと映画&ドラマの
コラムを読む!

がくまどエンタメ部

マイナビ学生の窓口のエンタメ垢です♪試写会・ジャパンプレミア・人気俳優さんのチェキプレゼントなどの情報も発信中。

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催