とっても甘いタンザニアのフルーツ! 一度食べたら忘れられないおいしさ|#インスタ映え@アフリカ

ASANTE PROJECT
2018/09/25
学生トレンド
あとで読む

こんにちは 、ASANTE PROJECTです。ASANTE PROJECTは、タンザニアの未就学児に学びの場を届けるために集まった団体です。

さて今回は、メンバーもみんな大好きなタンザニアのフルーツについてご紹介します! インスタ映え間違いなしのカラフルなフルーツの写真にも注目して読んでいただけたらうれしいです!

ホストファミリーが振る舞う山盛りのフルーツで感じる幸せ!

まずはホストファミリーの家で出していただいた、お皿いっぱいのフレッシュなフルーツのおいしさをご紹介したいと思います。最初の写真はホストファミリーが私たちのために買ってきてくれたスイカ、マンゴー、パッションフルーツ、キュウリです。とてもジューシーで甘酸っぱさが癖になり、いくつでも食べられるくらいおいしかったです。この山盛りのフルーツも、メンバー全員でペロリと食べてしまいました!

こちらは山盛りのマンゴー。種の近くの熟した部分は、特にメンバーのお気に入りで、みんな果汁で手や口がビチャビチャになりながらもかぶりついていました(笑)。

これらのフルーツは市場などから買ってきたものですが、私たちのホストファミリーの家には、パイナップルやマンゴー、オレンジなどの木が植えてあり、自家栽培もしています。私たちも実際にパイナップルを収穫させてもらいました!

ザンジバル島のホテルで味わう優雅な朝ごはんのフルーツ

続いて、ザンジバル島のホテルで出てきた山盛りフルーツをご紹介します。

▲スイカ、マンゴー、バナナ、パイナップルなどの盛り合わせ

私たちが宿泊したホテルでは、朝食でフルーツを提供してもらいました。これらのフルーツのおかげでとても贅沢で優雅な朝を過ごすことができました!

バナナはおかず? 日本でも試したい、バナナ料理とは?

日本でもおなじみ栄養満点のフルーツ「バナナ」について、タンザニアでの変わった食べ方をご紹介します。バナナといえば朝食べるフルーツ、というのが多くの日本人が抱くイメージだと思います。しかしタンザニアでは、バナナはフルーツとしてだけでなく、夜ご飯のおかずとしてももよく使われているんです! フルーツとしてそのまま食べるのではなく、調理用のバナナがあるそうで、タンザニアではバナナがおかずとして出されることは当たり前のようでした。

左下に写っているのが、揚げバナナです。少しカリッとしていてバナナの甘みもあって、とてもおいしかったです。

こちらの黄色のサラダは、パイナップルやバナナ、キュウリ、マンゴーなどが混ざっているフルーツサラダで、見た目も味も爽やかな一品でした。

まとめ

今回紹介したフルーツの他にも、日本で見たことのないような珍しくておいしいフルーツがたくさんあるようです。私も次回タンザニアに行く際には、絶対に食べたいと思っています!
現地でよく食べられているフルーツから、タンザニアでの生活の新しい一面を感じていただけたらうれしいです。

文・写真:ASANTE PROJECT

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催