ニュージーランドのおすすめ観光地20選! 自然の魅力たっぷりなおすすめスポットは?

学生の窓口編集部(I)
2017/12/26
海外旅行
あとで読む
目次
  1. ■ニュージーランドの治安
  2. ニュージーランドのおすすめ観光地をご紹介!
  3. この観光地も大定番!
  4. 意外と見落としがちなニュージーランドのおすすめ観光地は?
  5. ニュージーランドのおすすめ観光地はまだまだある!

ニュージーランドのおすすめ観光地20選

ニュージーランドは、南半球にある日本からおよそ11時間。特にアウトドアな観光を楽しむのには最適な国です。国立自然公園がたくさん点在しており、星空までも世界遺産に登録しようという取り組みさえあります。今回は、そんな自然豊かなニュージーランドの魅力を味わえるおすすめ観光地をご紹介します。

▼こちらもチェック!
オーストラリアのおすすめ観光地20選! 自然豊かな魅力ある国の見所とは?

■ニュージーランドの治安

日本と比べると犯罪率が高いニュージーランドは、車上荒らしや窃盗、飲酒による暴力などが多く、さらに最近では違法薬物の使用が大問題となっています。

夜間のひとり歩きや街灯のない暗闇での行動、繁華街での夜遊びは控えて不意の外出は控えましょう。昼夜問わず、道端やパブ、クラブ等で知らない人から声を掛けられてもすぐに信用しないで、自分自身のため用心を忘れないようにしてください。

■ニュージーランドと日本との時差

日本は、ニュージーランドより3時間早く、日本で午前8時はニュージーランドでは午前11時です。サマータイム制度を導入しているため、導入時の時差は4時間です。

■飛行時間

日本からニュージーランド国内までは共同運航便(ニュージーランド航空と全日空)で、オークランド間に直行便が就航しています。残念ながらクライストチャーチへの直行便はありません。成田国際空港からオークランドまで1日1~2便運航し、飛行時間はおよそ10時間40分です。

■ニュージーランドまでの旅費

ニュージーランドへのパッケージツアーは、他の国に比べるとちょっと少なめの印象ですが、2泊4日のオークランド直行便、ニュージーランド航空指定で旅費は11.98万円(エコノミーホテル+航空券のみ)が現在最安値ですが、北島と南島を周遊するツアー(航空券、ホテル、観光、食事全付き)6泊8日は、25.1万円~販売されています。

■言語

公用語は英語です。

■その他、ニュージーランドを観光する際の注意事項

ニュージーランドへの旅行は、ビザは必要ありません。ただし、3ヵ月以内の観光・短期留学に限ります。パスポートの残存有効期間は、ニュージーランドの旅行滞在日数に3ヵ月以上プラスした残存有効日が必要です。入国手続きの際は、機内で書いた入国審査カードと一緒に提出しましょう。

お金は、ニュージーランド・ドルで、5,10,20,50,100 の紙幣と$1,$2、10,20,50¢です。税率は15%で、ショッピングに対しての還元はありません。

次のページニュージーランドのおすすめ観光地をご紹介!

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「学割・お得」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催