ネパールのおすすめ観光地20選! 日本人を魅了する観光スポットを紹介!

学生の窓口編集部(S)
2017/11/14
海外旅行
あとで読む

ネパールのおすすめ観光地
海外旅行好きなら一生に一度は観光で訪れたい国、ネパール。ネパールはインドと中国に挟まれた小さな国で、人口はおよそ2649万人。ヒマラヤ山脈に囲まれた素朴で緑の美しい国です。ネパールはヒンドゥ教徒が多くを占める国ですが、仏教の教えを広めたゴータマ・ブッダが生まれたのは今でいうネパールのルンビニです。インドカレーよりもマイルドで優しい味のネパール料理も楽しめます。道ゆく人々の顔立ちも日本にいても違和感のない顔立ちが多く、とても親近感がわく穏やかな国です。訪れればきっと優しい気持ちになれる国・ネパールの、おすすめ観光スポットをご紹介します。

▼こちらもチェック!
シンガポールのおすすめ観光地20選! マーライオンからUSJまで魅力的なスポットを紹介

■治安

カトマンズなど首都圏の治安はよく、日中の旅行なら女性一人でも問題ありません。ただし、日没後は薄暗く、車も多いので注意しましょう。2015年の大地震により、ボダナートをはじめいくつかの寺院や建物が甚大な被害を受けました。まだまだ復旧に時間がかかるため、むやみに人気のない寺院などに入ると倒壊の危険があります。注意しましょう。

■時差

マイナス3時間15分です。日本がお昼の12時だとしたら、ネパールは朝の8時45分です。

■飛行時間

日本からの直行便がないため、バンコク、デリー、香港などからの乗り換えとなります。例をあげると、成田からニューデリーまで約9時間半、ニューデリーからカトマンズまで約1時間45分となります。とはいえ、乗り換えまでの時間が半日以上開くことも多く、日本からネパールの首都カトマンズまでは2日近くかかります。

■旅費

ツアーかフリー旅行かでかなり料金が異なってきます。ホテルと現地添乗員だけのフリーツアー6日間で13万円〜20万円前後。日本からのガイド付きだと6日間で25万円〜35万円前後。ヒマラヤトレッキングなどを楽しむツアーは40万円〜となります。航空券だけを自分で手配するとチケット代が10万円前後とかなり安くあげることができます。

■言語

ネパール語はインドの主要言語の一つであるヒンディ語と似ており「ナマステ(こんにちは)」などはインドと同じように通じます。インド人とネパール人は両国の行き来にビザを必要としないため、ネパールに在住のインド人も非常に多く、ビジネスマンやホテルのスタッフなどはヒンディー語も話せます。観光地など外国人旅行者が多い場所では英語も通じますが、ネパール人全員が話せるわけではありません。

■宗教

ヒンドゥ教徒約80%、仏教徒約9%、イスラム教徒約4.4%です。

■その他の注意事項

2015年に起こった大地震の被害は甚大で、今もなお復興中です。修復前の遺跡がそのまま放置されている箇所も多く、むやみに近づくのは危ないので避けましょう。また、天候不良による飛行機の遅延、欠航がままあるため、余裕を持った計画を立てましょう。ヒンドゥ教徒が大部分を占める国で、保守的な面もあります。タンクトップ、ショートパンツといった過度に露出した服装は避けたほうがいいでしょう。特に寺院へ入るときは注意が必要です。

次のページネパールのおすすめの観光地は?

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「学割・お得」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催