歯科衛生士になるには? 必要な資格や働き方、年収について知ろう

学生の窓口編集部(I)
2017/05/19
仕事を知る
あとで読む

歯科衛生士になるには? 必要な資格や働き方、年収について知ろう

歯科医のサポートをしたり、歯のケアを行ったりする「歯科衛生士」。みなさんは、この歯科衛生士になるにはどうすればいいかご存じでしょうか? そもそも、この歯科衛生士がどんなものなのか知っている人も、もしかしたら少ないかもしれません。今回は「歯科衛生士のなり方」についてご紹介します。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

■歯科衛生士ってどんな仕事?

『公益社団法人 日本歯科衛生士会』によると、歯科衛生士の仕事は「歯科予防処置」と「歯科診療の補助」、そして「歯科保健指導」の3つに大きくわかれています。

まず歯科予防処置ですが、これは冒頭でも説明した歯のケアです。歯垢や歯石の除去や、虫歯予防のためのフッ化物塗布といった薬物塗布を行うことで、虫歯や歯周病を予防します。歯科診療の補助は、唾液の吸引や施術器具の受け渡しなど、歯科医師のサポートを行う仕事。

3つ目の歯科保健指導は、保育園や小学校などで正しい歯磨きの仕方を教えたり、口腔(こうくう)内の問題についてのカウンセリングを行ったりするもの。食育支援や高齢者向けの口腔内ケアといった問題に取り組む人も多いそうです。

■歯科衛生士になるための資格って?

虫歯の予防や歯科医のサポートといった仕事を行う歯科衛生士ですが、この仕事に就くには「歯科衛生士国家試験」を受け、国家資格を持つことが必要です。

「歯科衛生士国家試験」は厚生労働省が監修し、『一般財団法人歯科医療振興財団』が実施しているもの。毎年3月上旬に行われ、2017年3月に行われたものを含む過去4回では、各回約6,600-7,200人が受け、合格率は95%前後でした。歯科衛生士国家試験の受験資格は以下のようになっています。

1.文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業した者
2.都道府県知事の指定した歯科衛生士養成所を卒業した者
3.外国の歯科衛生士学校を卒業し、または外国において歯科衛生士免許を得た者で、厚生労働大臣が前2号に掲げる者と同等以上の知識および技能を有すると認めた者
3は海外の学校を卒業した人向けのものなので、一般的には1と2のパターンで歯科衛生士について学び、受験資格を得ることになります。

歯科衛生士国家試験は先ほど説明したように毎年3月上旬に行われます。試験科目は、

・人体(歯・口腔を除く)の構造と機能
・歯・口腔の構造と機能
・疾病の成り立ちおよび回復過程の促進
・歯・口腔の健康と予防に関わる人間と社会の仕組み
・歯科衛生士概論
・臨床歯科医学
・歯科予防処置論
・歯科保健指導論並びに歯科診療補助論

といった内容になっています。

次のページ歯科衛生士の働き方、年収について知ろう

関連記事

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催