刑事になるには? 実は地道で大変?! 仕事内容やなり方を知ろう

編集部:いとり
2017/05/10
仕事を知る
あとで読む

日本のドラマ・映画などでも主役になることが多い「刑事」。フィクションの世界ではかっこいい職業というイメージがありますよね。学生のみなさんの中にも刑事になりたい! と考える人も多いかもしれません。刑事になるにはどうしたらいいのでしょうか? そこで今回は、刑事になるにはどうすればいいかを解説していきます。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

■「刑事」の仕事内容とは?

警察官の中で、刑事課に属し刑事事件を担当するのが「刑事」です。刑事の仕事は、事件に当たって捜査することですね。またひと口に刑事といっても、担当する案件の中身によって分かれて仕事に当たります。例えば、殺人、詐欺、窃盗はそれぞれ違う担当になります。特に窃盗は件数が多く、担当する刑事さんは大忙しだそうです。

ドラマなどと違うのは文書作成の仕事がかなり多いことです。
刑事は、犯罪の捜査を行うプロですが、その捜査の目的は犯人を確実に特定すること。最終的には犯人を起訴し、刑事裁判によって有罪としなければなりません。そのためには、資料となる書類・報告書がいるのです。ですので、捜査だけではなく、犯人を有罪とするために役立つ書類を作り、報告するまでが刑事の仕事となります。

刑事として勤務した後、退職した方にお話を伺ったことがありますが、この書類作りが膨大な作業になるそうです。現場がどのような状況であったかを遺漏なく記載するだけでも報告書は大変な量になるとのこと。でも、これをおろそかにしたり不備があったりすると、犯人が無罪になったり逆にえん罪が生まれたりする可能性がありますのでとても重要な作業です。

フィクションの世界には書類作りのせいで帰宅できない刑事なんてあまり登場しませんが、実際の刑事さんにはそのような地道でつらい場面もあるそうです。

次のページ刑事になるにはどんなフローを歩むべき?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催