政治家になるには? 仕事はどんなことをしているの? 気になる仕事内容と給与を解説

編集部:いとり
2017/05/12
仕事を知る
あとで読む

学生のみなさんのなかには「政治家」を志す人もいるでしょう。また、政治家になるにはどうすればいいのか、政治家は普段どんな仕事をしているのか興味があるという人もいると思います。そこで今回は、政治家になるにはどうすればいいか、なり方や仕事内容、そして気になる給与について解説します。

▼こちらもチェック!
将来の夢診断! あなたに合ったキャリアを探してみよう

■「政治家」になるには選挙で選ばれることが大前提

「政治家」を『広辞苑 第六版』で引いてみると「政治にたずさわる人」(P.1541より引用)と出ています。職業としての「政治家」であれば、やはり国政に携わる「衆議院議員」「参議院議員」、また地方行政に携わる地方公共団体の「議会議員」が「政治家」に当たるでしょう。

つまりいわゆる「政治家」の仕事は、国政・地方行政に携わることであり、政治家になるには選挙に立候補して当選しないといけない、というわけです。政治に携わるためには、まずもって有権者の支持を得る必要があるのです。

俗に「選挙で当選するには『三バン』が大事」なんて言われます。この三バンとは「ジバン(地盤)・カンバン(看板)・カバン(鞄)」のことです。

地盤……後援会などの組織
看板……知名度
鞄……資金力

■政治家の仕事ってどんなの?

次は「政治家の仕事」についてです。国会中継で国会議員の人が法案に関して質疑応答しているシーンを見たことがあるかもしれませんが、そうした「法整備」は国会議員の大きな仕事。ほかにも国民に代わって総理大臣を選ぶことや、国民がよりよい暮らしを送るための政策の提案、国家予算の決定も重要な仕事です。

また、国会に出席する以外にも、日本の各地域を回って調査・視察をしたり、国民からの陳情の受付も行います。中にはテレビ番組などのメディアに出演し、国会政策の討論や地元のPRを行う議員も。議員は一般の会社員と異なり、休日や就業時間が定められていません。そのため、ハードなスケジュールを送る人も多いようです。

地方議員や市区町村議員も、国会議員と仕事のベクトルは一緒で、市民がよりよい生活を送るための政策の提案や審議を行うのがメインの仕事です。

次のページ気になる政治家のお給料は?

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催