政治家になるには? 仕事はどんなことをしているの? 気になる仕事内容と給与を解説 2ページ目

編集部:いとり

お気に入り!

あとで読む

■政治家の給料は!? 高額ではありますが……

国政に携わる議員、地方行政に携わる市区町村議員、またそれぞれどんな役職に就くかでお給料は異なります。
たとえば、国会議員を見てみましょう。まず「国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律」で、

議員:129万4,000円/月
と決まっています。衆議院・参議院の各議院の
議長:217万円/月
副議長:158万4,000円/月
です。他に、民間では賞与に当たる「期末手当」が6月と12月に支給されます。

期末手当(2回合計):約635万円
ですので、国会議員のお給料は年間約2,187万8,000円で、だいたい「2,200万円」と考えてよいでしょう。

この他に経費も支給されます。

文書通信交通滞在費:100万円/月
立法事務費:65万円/月
議会雑費:日額上限6,000円
※議会雑費は「委員長」などの役職者のみ支給です。

他に、秘書を3人まで雇用することができ、その経費も国から支給されます。

国会議員は、基本のお給料が約「2,200万円」、経費の支給(文書通信交通滞在費1,200万円 + 立法事務費780万円)を足すと、年間で約4,180万円の収入があることになります。これに雇用している3人までの秘書の経費も付きます。ですから、国政に携わる「政治家」はかなりの高給といえますね。

一方で田中角栄氏の秘書を務めた早坂茂三氏は「議員は選挙に落ちればただの人。いや、ただの人以下かな。光より速く借金取りがやって来る」ともおっしゃっていました。選挙に勝つと上記のようなお給料がもらえるかもしれませんが、それも任期の間だけです。選挙に勝ち続けないといけませんから、その意味では政治家は先の保証のない職業とも言えます。もちろん、日本の未来を担う職業ですから、お金よりも大きな目標を持って日々仕事をしている人がほとんどなのでしょう。

「政治家になるにはどうすればいいか」というテーマで解説しましたが、いかがでしたか? 将来政治家を志す方はぜひ参考にしてみてください。

(高橋モータース@dcp)

2

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催