合格者が語る! 合格率がグッと上がる英検1級・英作文の対策法【学生記者】

里慶
2017/04/15
資格
あとで読む

合格者が語る! 合格率がグッと上がる英検1級・英作文の対策法【学生記者】

こんにちは。横浜市立大学の里慶です。この春、なにか資格習得に向けてチャレンジする学生も多いでしょう。そんな資格の一つである英検、今回は1級を所持する私がライティング分野で高得点を取るコツを紹介します。英検1級の要である英作文を効率よく的確に仕上げていくことは合格への近道! 今回はそんな英検1級で出題される英作文の対策方法についてお伝えします。

▼里慶さんのほかの記事もチェック!
https://gakumado.mynavi.jp/student_reporters/316


■5パラグラフ構成を心がけ、テンプレートを決めておく!

英作文を書くときはイントロダクション、3つの理由、結論の5パラグラフ構成を心がけましょう。たとえば、英作文のテーマが「死刑制度は廃止すべきだ」というものだったとする場合、こんなイメージになります。

【イントロ】死刑制度は廃止すべきではない。昨今死刑制度の廃止がうたわれているが、それは犯罪を助長する可能性がある。理由は3つある。

【理由1】犯罪者は犯罪をしても社会に残り、国民に不安を与える可能性がある。

【理由2】刑務所は税金でまかなっているため、コストがかかる。

【理由3】残された遺族の気持ちが落ち着かない。

【結論】上記の理由から死刑制度は廃止すべきではない。

どんなテーマにおいても、この5パラグラフのテンプレートにそって、英作文を仕上げるようにしていきましょう。また事前に構成を考えるくせをつけておけば、初めてのテーマでもすんなり書けるようになってきます。

次のページ200~240字で書く練習をしよう!

関連記事

この記事を書いた人

Thumb 626c4545f3187e3235ee
里慶
横浜市立大学 国際総合科学部 4年
高校卒業後大学に合格をするも、経済的理由で断念し、6年間をかけてアルバイトと受験勉強をし、紆余曲折を経て25歳で大学に入学。その間アルバイトをし20種類以上をやってきました。趣味は散歩や読書、映画鑑賞など。一般的なレールから外れて生きてきた私ならではの視点を持ってみなさまに人生のヒントになる情報を共有していきます。
もっと見る

関連キーワード

あなたにオススメ

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「仕事・将来」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる・使える

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催