こち亀は200巻で終了したけど……意外と多い「100巻超え」の漫画11作品

編集部:すい

お気に入り!

あとで読む

先日、週刊少年ジャンプで40年の長期連載だった『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(以下、こち亀)が終了しました。それと同時に発売されたコミック200巻は、現在のところ日本では最高の巻数です。途方もない巻数ですが、そこは漫画大国ニッポン、意外と100巻超えの作品はあります。その数、なんと11作品。そこで今回は日本が誇る100巻超えの漫画を紹介します。
▼こちらもチェック!
完結を見届けられるのか……いったいいつ終わるの? という長寿漫画7選

■『こち亀』と『ゴルゴ13』

こち亀が連載の連載開始が1976年。作者の秋本治先生は当時、大人気ギャグマンガ「がきデカ」の作者・山上たつひこ先生の名前をもじり山止たつひこの名前で連載をスタートさせますが、クレームが入ったため本名に直しました。山止名義のコミックスはプレミア化しています。

一方、こち亀スタートより8年前に連載が始まったのがさいとう・たかを先生の『ゴルゴ13』。現在も連載中で182巻。こち亀が終了したため連載中のものではこちらが最高巻数。すでに最終回の原稿を描き上げ、厳重に保管されているとの都市伝説がありますが、先生が否定しています。

■連載中も多い100巻超え

・「ミナミの帝王」……92年連載開始で139巻。09年に100巻が発行され、100巻到達最短作品。
・「クッキングパパ」……85年スタートで現在138巻。連載開始時、主人公の荒岩は31歳。現在は40代中盤になっています。
・「はじめの一歩」……89年スタートで現在114巻。主人公の一歩、連載開始時は16歳で現在は24歳。日本王座を8度防衛し、世界を目指すため王座を返上。現在WBCフェザー級世界7位。
・「美味しんぼ」……83年連載開始で現在111巻。初期、主人公・士郎は父と対立し、栗田ゆう子は同僚でした。しかし、いつしかゆう子と結婚し、父とも和解しました。連載は震災による原発事故に絡んだ表現が問題視されるなどの理由で、現在も休載中。
・「浮浪雲」……ジョージ秋山先生の時代物。73年連載開始で108巻。1943年生れのジョージ秋山先生。そのペンネームの由来はバンドマン風にしたかったとの理由でドラマーのジョージ川口から。

1

関連記事

「大学生活」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

この記事に関連するタグ

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

春からFES

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催