社会人になってから役立つ! 知っておきたい「ゴルフ」の基本マナー

学生の窓口編集部
2016/08/05
入学準備・新生活
あとで読む

社会人の「社交の場」として重要なゴルフ。かつてはサラリーマンにとって必修レベルでしたが、最近はそこまで重要視されていないようです。とはいえ、社会人になって誘われたときのことを考えて、ある程度の知識だけはあらかじめ身に付けておきたいところ。そこで今回は、ゴルフに関する基本マナーをまとめてみました。

■服装は「襟付き」が基本!

ゴルフには「服装に関するマナー」、つまりドレスコードが存在し、

・襟付きのシャツ
・パンツスタイル
・ジャケット

これが基本です。シャツは必ず襟付きのもの。ポロシャツがベターです。そして裾はパンツの中に入れましょう。パンツはチノパンでもスラックスでもOKですが、ジーンズはNGです。女性の場合もスカートではなく、ハーフパンツなどパンツスタイルが良いとされています。

クラブハウスへ入る際は「ジャケット着用」と定められています。通い慣れたプレーヤーに着用していない人をよく見掛けますが、初心者の場合はきっちりと着用して、真摯(しんし)な態度で臨むのがベストです。

できれば服の色も気にしたいところ。あまり派手な色は避け、フォーマルな印象を与える色合いを考えてそろえましょう。

また、靴はできればゴルフシューズがいいですね。サンダルなど場にふさわしくないもの以外なら、どういったものでもOKですが、服装とのバランスや、機能を考えると専用のものが望ましいです。

■プレーファストを心掛ける

ゴルフは一緒にコースを回る人はもちろん、自分たちの後に回る人たちにも配慮が必要。そのためにまずは「プレーファスト」を心掛けることが大事です。もし何度もプレー遅延をしてしまうと、同伴者、そして他の組の人たちにまで迷惑を掛ける可能性もあります。

例えば初心者ですと、

・ティーグラウンドに上がる前に準備をしっかりしておく
・複数本のクラブを持ってボールまで行く
・だらだらと歩かない

こうしたことに気を付けましょう。最初は緊張も相まって、ティーグラウンドに上がってもアドレスを何度も取り直したり、しつこく素振りをしてしまいがち。しかしそれは遅延につながってしまうので、ティーグラウンドに上がる前にしっかり準備をしておくことが大事です。

ショット後は、だらだらと歩かず速やかにボールのところまで歩きましょう。

また、ボールまで歩いて行く際にクラブを数本持って行けば、いちいち取りに戻らなくても済み、時短につながります。

次のページラウンド中はこんなポイントにも気をつけて!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「入学・新生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催