TOEICの平均点と、企業が求めるスコアは?大学生への意識調査も大公開

編集部:はまみ

お気に入り!

あとで読む

TOEIC(R)L&Rの平均点はどれくらい?

英語能力を測る「TOEIC(R)Listening&Reading Test」(以下TOEIC(R)L&R)。そのスコアを新卒採用の要件にしたり、参考にしたりする企業があるため、就活の一環としてテストを受ける人も多くいます。そこで今回は、テストの平均点がどのくらいなのかを調べてみました。それに対して企業が求めるスコアはどの位なのか、そして大学生が「高い」と感じるスコアの意識調査もあわせてご紹介していきます。

▼こちらもチェック!
英語の勉強に最適なおすすめ単語アプリ10選! TOEIC対策にも

TOEICの平均点を調査!結果は意外にも…?

TOEIC(R)programを運営するのは『一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会』。当協会は公式サイト内「公開テスト 平均スコア・スコア分布一覧」において平均点を公開しています。

ここでは過去3年間で実施されたTOEIC(R)L&Rから、一部のスコアデータをご紹介。試験は比較的頻繁に実施されていますが、参考として3回分をピックアップしました。

第228回
(2018年3月)
第245回
(2019年11月)
第256回
(2020年11月15日午前)
受験者数 128,022人 87,608人 45,027人
最高スコア Listening:495点
Reading:495点
トータル:990点
Listening:495点
Reading:495点
トータル:990点
Listening:495点
Reading:495点
トータル:990点
最低スコア Listening:5点
Reading:5点
トータル:10点
Listening:5点
Reading:5点
トータル:10点
Listening:5点
Reading:5点
トータル:10点
平均スコア Listening:315.1点
Reading:254.1点
トータル:569.2点
Listening:318.4点
Reading:267点
トータル:585.5点
Listening:336.1点
Reading:276.6点
トータル:612.6点

※最近は新型コロナの影響で、午前午後実施や抽選などの分散対策が取られています。そのため1回当たりの受験者数が減少傾向です。

⇒引用:TOEIC公式「平均スコア・スコア分布 詳細(第228回)
TOEIC公式「公開テスト 平均スコア・スコア分布一覧

この3回分で見てみると、平均点は569〜612点という結果になりました。600点を超えるというのはやや意外な感もあります。これに対し、企業が新入社員に期待するスコアはどの程度なのでしょうか?次から見てみましょう。

企業が新入社員に望むスコアは?

新入社員に対して実際にTOEIC(R)L&Rを行った企業および団体は、2019年度で735団体。新入社員の英語力を測るためにTOEIC(R)programが活用されている様子が伺えます。
そのような中で企業が新入社員に期待するスコアは、ずばり、

TOEIC(R)L&Rスコア⇒425~645点

先ほどお伝えした過去3回分の平均点は569〜612点でしたので、平均点ゾーンがここに丸々含まれる形ですね。

ちなみに425点というのは通常会話でコミュニケーションが取れる、というレベル。平均点まではいかなくとも、それなりに英会話の基礎は持っていて欲しい、という企業側の意図が感じられます。645点というのは平均点を上回るものの、大まかにはTOEIC(R)L&Rで平均点を取ることができれば、まずは及第点といったところでしょう。

⇒参考:TOEIC公式「新入社員の英語能力測定

ただし、もっと突出したスコアを入社時までに求める企業もあります。こちらに一部企業の例を挙げておきます。

楽天グループ 入社までに800点
ユニリーバ・ジャパングループ 入社までにTOEIC730点換算以上
ANA 600点程度以上の英語力を有する
コカ・コーラ ボトラーズジャパングループ 730点以上(Finance総合職)
サンスターグループ 800点以上歓迎
amazon 700点がひとつの目安

⇒引用:各社公式サイト内「募集要項」より。随時変更となる可能性あり。

新卒採用時に800点とはかなりの難関。学生時期の早い段階から英語力を磨いて800点レベルに到達しておけば、このような狭き門でも大きなアドバンテージになりますね。

企業がビジネススキルとして求めるスコアはもっと高い

一部高いスコアが求められる例外があるものの、新入社員に期待されるスコアはおおよそ通常の英会話レベル〜TOEIC(R)L&Rの平均点レベルであることが分かりました。しかしこれはあくまでもスタート地点。そこから社会人としてビジネス用語も身につけていくことになります。実際のビジネスシーンでは海外とのやりとりを円滑に行うため、企業がもっと高い英語レベルを求めるケースも少なくありません。

中途採用で求められるスコアの例

そこで、中途採用の応募条件としてTOEICスコアを挙げている企業をご紹介。より即戦力が期待される中途採用にはどの位のスコアが求められているのでしょうか。

会社名 職種 TOEICスコア
いすゞ自動車(株) 生産技術 500点以上歓迎
(株)神戸製鋼所 技術系総合職 500点以上歓迎
コニカミノルタ(株) IT企画推進 600点以上
マツダ(株) IT企画・開発 700点相当歓迎
(株)日立製作所 法務マネージャー 700点以上相当歓迎
住友重機械工業(株) SE 800点歓迎
京セラ(株) 制御ソフトウェアの設計開発 800点以上

⇒参考:マイナビ転職(2021年1月情報取得)

これはあくまでも一例ですが、即戦力としては500点が最低ラインという結果に。そして700点、800点と、より高いスコアを求める企業がみられました。今回の表にはありませんが外資系企業も高めとなる傾向があるようです。

ところで中途採用におけるTOEICスコアは「必須」ではなく「歓迎」となっているケースが目立ちます。実際の仕事に関する実務経験は「必須」とした上で、さらにサブのスキルとして英語コミュニケーション力を挙げるパターンが多いようでした。

昇進の要件にTOEICスコアを設ける企業も

企業内における昇進・昇格の要件として、TOEICスコアを設けている企業もみられます。(一財)国際ビジネスコミュニケーション協会が実施した「英語活用実態調査【企業・団体/ビジネスパーソン】2019」の結果をご覧下さい。

*TOEICスコアを昇進・昇格の要件としているか*

⇒引用:TOEIC公式「昇進・昇格の要件

特に課長職に昇格する際の要件としているケースが多いようですね。既に「要件としている」企業だけで18.2%、「参考としている」「新たに要件・参考とする可能性がある」まで含めると4割強。これはかなり大きな比率と言えるのではないでしょうか。(具体的な点数は企業により異なります)

ここまでの内容をまとめます。大学生のみなさんは、まず就職活動を有利に進めるために英会話の基礎〜平均点レベルを目指しましょう。その後、昇格や転職といった節目には、より高いレベルが求められることが多くなります。具体的には500点以上〜800点レベルまでさまざま。その時に備えて引き続き勉強を続け、レベルアップを目指していきましょう。

★TOEIC対策といえば「スタディサプリ」

・1回3分から!続けやすいアプリスタイル
・動画講義で分かりやすい!
・入学金0円・月額1,980円~の価格設定
・無料期間中キャンセルいつでもOK!

まずは7日間無料体験

「英語ができる」と思う点数は何点から?

ここからは、大学生に実施したアンケート結果を見ていきます。大学生から見て、「高得点だ」と感じるTOEIC(R)L&Rスコアは何点くらいなのでしょうか。


1位 800点 69人(17.1%)
2位 700点 66人(16.4%)
3位 900点 56人(13.9%)
4位 600点 37人(9.2%)
5位 750点 26人(6.5%)
6位 850点 25人(6.2%)
7位 650点 22人(5.5%)
8位 990点 16人(4.0%)
9位 950点 15人(3.7%)
同率9位 500点 15人(3.7%)
平均……829点
※11位以下省略、その他を除く

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2016年6月3日~2016年6月5日
調査人数:大学生男女403人(男性202人、女性201人)

1位 800点

・700点台はよく耳にするが、800超えとなるとなかなか少なくなってくるから(女性/23歳/その他)
・なかなか自分でも取れないから(男性/20歳/大学2年生)

2位 700点

・高校で600点ぐらい取った人が表彰されてたから(女性/19歳/大学1年生)
・600点代は大体が目指すラインだから、それを超えていると高いと思う(女性/21歳/大学4年生)

3位 900点

・ネイティブではない人ならば、とても努力している点数だから(女性/18歳/大学1年生)
・800点台はたくさんいるけれど、自分で勉強して900点いけばすごいと思う(女性/22歳/大学院生)

TOEIC800点という申し分のない点数が1位。やはり平均点を超えてくる700〜900点あたりを「英語ができる」と捉えている大学生が多いようです。これだけの点数を取ることができれば、実社会でも国際的分野で大いに活躍することができるでしょう。

まとめ

今回はTOEIC(R)L&Rの平均点や、企業が求めるスコア、そして大学生が「英語ができる」と思うスコアの意識調査などをお伝えしてきました。平均点は実施回により異なりますが、569〜612点前後であることが分かりました。平均スコアを取ることができれば、大まかには新入社員に求められるレベルをクリア。就職活動でも自信を持ってアピールすることができます。ただし、グローバルなフィールドを持つ企業で活躍していくためには、平均点で満足せず、より高みを目指して英語力を磨いていくことが何よりも大切なのです。
--------------------------------------------------------
TOEICはエデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。
このウェブサイトはETSの検討を受けまたその承認を得たものではありません。
--------------------------------------------------------

★TOEIC対策といえば「スタディサプリ」

・1回3分から!続けやすいアプリスタイル
・動画講義で分かりやすい!
・入学金0円・月額1,980円~の価格設定
・無料期間中キャンセルいつでもOK!

まずは7日間無料体験

関連記事

「将来を考える」カテゴリの別のテーマの記事を見る

おすすめの記事

編集部ピックアップ

学生の窓口会員になってきっかけを探そう!

  • 会員限定の
    コンテンツやイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

一歩を踏み出せば世界が変わる無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催