今では考えられない? あの有名メーカーが出していた意外なゲーム6選

編集部:はまみ
2016/06/10
学生トレンド
あとで読む

現在ではゲーム業界もすっかり落ち着いた感があり、異業種から突然ゲームに参入、また大手ゲームメーカーから実験作のようなタイトルが出たりといったことはほとんどありませんね。でもパソコンゲームの黎明(れいめい)期、またファミコンゲームの大ブーム期には、現在から見ると驚くようなソフトがリリースされていました。今回は、そんなソフトをピックアップしてみました。

●日本初のアダルトゲーム『ナイトライフ』(1982年)

『信長の野望』『三國志』シリーズで有名な株式会社コーエーテクモゲームスですが、「光栄マイコンシステム」という社名時代に、日本初といわれるアダルトゲーム『ナイトライフ』をリリースしています(PC用)。アダルトゲームといっても、女性の生理周期から「危険日」を予測してくれたり、「お薦めの体位」を表示したりといった、なんというか実践的な内容でした。当時のラブホテルに「パソコンの間」みたいな部屋があると、たいていこのソフトを走らせたパソコンが置いてあったそうです。

●タイトルが秀逸!? 『オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?』(1984年)

こちらも「光栄マイコンシステム」からリリースされたPC用アダルトゲーム。「ストロベリーポルノシリーズ」と銘打たれた三部作(上記の『ナイトライフ』、2作目の『団地妻の誘惑』、本作です)の最終作です。本作はRPGの要素を取り入れた、アドベンチャーゲームです。タイトルはフィリップ・K・ディックの『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』から取られてます。後に『信長の野望』で大ヒットをたたき出す「光栄」にも、いろいろな路線を試していた時代があったのです。

●エニックス製のアダルトゲーム『ロリータ・シンドローム』(1983年)

2003年に株式会社スクウェアと合併して「スクウェア・エニックス」となった株式会社エニックス。エニックスは『ドラゴンクエスト』シリーズで有名な大手ゲーム会社ですが、いろいろ試行錯誤していた時代には、アダルトゲームをリリースしたことがあります。PC用『ロリータ・シンドローム』はその中の1本。「メゾンロリータ」の1-5号室に少女が住んでいて、各部屋で起こるトラブルから少女を救うといった内容。クリアできないと少女が電動ノコギリで真っ二つになることも……。現在ではタイトルがもうアウトでしょう。

次のページ異業種からも参戦!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催