青春がまぶしい! 胸が熱くなる野球漫画のおすすめ10選

学生の窓口編集部
2015/12/24
学生トレンド
あとで読む

高校野球が人気なこともあって、甲子園にスポットを当てた野球漫画も多いですよね。どの作品も高校球児の描写がリアルで、胸が熱くなる作品ばかりです。そこで今回は、高校野球を中心とした青春の様子がまぶしい野球漫画を10作品選んでみました。野球のルールがわからなくても、成長ストーリーとして面白い作品を上げてみましたのでぜひご覧になってみてください。

■砂の栄冠

学校創立100周年を迎えた樫野高校野球部は、夏の甲子園まであと一歩のところで敗れてしまった。これにより、特別支援が打ち切られてしまい弱いチームに戻ってしまう。そんな中、樫野高校野球部のファンであるトクさんが現金1,000万円を新チームのエースでキャプテンの七嶋に預ける。七嶋は1,000万円を有効に使いながら甲子園出場を目指す。

「砂の栄冠」は、東大漫画「ドラゴン桜」の作者である三田紀房が書いた野球漫画です。エースでキャプテンの七嶋がファンからもらった1,000万円を使いながら四苦八苦しながら甲子園を目指すというストーリーで、何と言っても見所は主人公の七嶋の高校生らしからぬ考えにあること。「観客を味方につけるために交代時に全力疾走する」「仮面をかぶって優等生を演じる」といった狡猾な考えを持って人身掌握を図る、というようなダークな部分が展開されます。また、体のバランスを取るために右利き投手の左投げを行ったり、変化球を打つための練習としてサッカーボールを打つ練習をするなど奇想天外の練習方法にも注目です。キャラクターでは完璧超人の七嶋のほか、癒し系監督の曽我部監督といったキャラクターがいます。

作者:三田紀房
出版社:講談社
掲載雑誌:週刊ヤングマガジン
連載開始:2010年6月~
巻数:全25巻

■MAJOR

週刊少年サンデーで16年間という長期間連載をしていた言わずと知れたサンデーを代表する野球漫画の1つ。主人公の茂野吾郎の幼少期からプロ野球選手晩年の34歳までの物語が描かれている。プロ野球選手を父に持ち、野球を愛する吾郎が様々な逆境に立ち向かいながら野球を通して成長していくヒューマンドラマとも言える。2015年12月現在、週刊少年サンデー本誌にて続編に当たるMAJOR 2ndが連載されているが、吾郎の息子が主人公という点以外は、直接的な話のつながりはない。

「MAJOR」は、NHKでアニメ化もされた名作野球漫画の1つです。巻数が長いので読んだことがない人からするとどれから読めば……というのもありますが、3巻~14巻のリトルリーグ編、33巻~47巻の聖秀学院高校編が特にオススメです。基本的には、主人公の吾郎が逆境に立ち向かい、彼の情熱を見たチームメイトが感化され勝利に向かっていく......というのがお約束の展開なのですが、その情熱は読者にも伝わるくらいで読んでるだけでついつい熱くなってしまいます。最近、興奮するような漫画を読んでいないなぁ、という人にはオススメのす。

作者:満田拓也
出版社:小学館
掲載雑誌:週刊少年サンデー
連載開始:1994年~
巻数:全78巻

■ONE OUTS

一度も優勝したことがないことから不運の天才バッターと呼ばれた「埼京彩珠リカオンズ」に所属する「児島弘道」が、オフシーズンの自主トレ先で天才勝負師「渡久地東亜」と出会う。渡久地との勝負に捨て身で勝利した児島は、渡久地を埼京彩珠リカオンズに入団させ、渡久地の奇想天外の要求に驚きながらも、埼京彩珠リカオンズを優勝に導いていく。

「LIAR GAME」で有名な甲斐谷忍が描いた野球漫画が「ONE OUTS」です。従来の野球漫画の主人公エースといえば、剛速球を投げるピッチャー、情熱ある熱い性格といったことがテンプレートとなっていましたが、ONE OUTSの主人公である「渡久地東亜」は、球速MAX130km/h程度のピッチャー。球速だけなら高校生レベルの渡久地が様々な知略をめぐらせて勝利していく展開です。「LIAR GAME」の作者らしく、頭脳戦を主軸に置いた一風変わった野球漫画です。「ドブに落ちた犬は沈めろ」「敗者は勝者に従わなくてはならない」といった勝負に徹底した考えを持つ渡久地がプロ野球界を席巻する姿は痛快です。また、ワンナウツ契約をはじめ、どう考えても渡久地が不利な条件なはずなのに最終的には渡久地が有利になっている、という展開にも驚かされます。

作者:甲斐谷忍
出版社:集英社
掲載雑誌:ビジネスジャンプ
連載開始:1998年~
巻数:全20巻

■おれはキャプテン

影の薄い補欠キャッチャーであった霧隠主将(カズマサ)が、中学校の野球部の顧問の「環境は人を変える」という考えもあり、キャプテンに指名された。キャプテンに指名されたカズマサは、これまでの無気力で人畜無害な人当たりからは豹変し、たゆまぬ努力と時には独裁者のような振る舞い、「打って打って打ち勝つ野球」という一風変わっているがカリスマ性のある指揮でチームを勝利に導いていく。

2015年現在、続編にあたる「ロクダイ」がマガジンSPECIALにて連載中。作者は、 かつて週間少年サンデーで連載されていた「砂漠の野球部」の作者でもあります。野球部に入部していたのは、将来スポーツジャーナリストになりたいがためだけのカズマサが、キャプテンに任命されることで性格が一変し、野球に情熱を燃やしていくというストーリー。最初は他のナインから反発を食らうも、奇想天外ながらも妙に説得力のある理論でチームメイトからどんどん認められていく姿に引き込まれます。

作者:コージィ城倉
出版社:講談社
掲載雑誌:週刊少年マガジン、マガジンSPECIAL
連載開始:2003年~
巻数:全35巻

■錻力のアーチスト

中学のシニア時代、実力はありながらもチームメイトからは孤立していたスラッガーの「清作雄」。チームメイトの策略により、中学最後の試合で腰を痛め私立高校の推薦を逃してしまう。しぶしぶ入った公立の高校、桐湘高校で天才スラッガー「弐織義壱」と出会う。自分の技術力の無さと自分勝手さを改め、チームメイトともに甲子園を目指していく。

2015年12月現在、週刊少年チャンピオンにて連載中の野球漫画の1つです。「錻力のアーチスト」を一言で言うと、野球バカの変態が野球している漫画となっています。クソ天然と呼ばれる主人公の「清作雄」をはじめ、ピッチャーの投球術、変化球を女性に例える天才スラッガー「蓬莱豊」、マウンドで常にマネージャーへの愛を叫ぶ筋肉エースの「蛮堂睦」など個性的なキャラクターがそろっています。かつて巨人の星にあったように大リーグボールといった現実的にはありえない魔球は出てこないリアル野球路線ですが、登場人物が奇想天外でアツイ展開が続くので飽きずに読むことができます。

作者:細川 雅巳
出版社:秋田書店
掲載雑誌:週刊少年チャンピオン
連載開始:2013年~
巻数:既刊11巻(2015年12月現在 連載中)

次のページ野球漫画のおすすめ10選!

関連記事

関連キーワード

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「大学生活」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催