選考にはどこまで影響するの? 企業がインターンシップを実施する目的とは

学生の窓口編集部
2015/06/25
インターン
あとで読む

以前に、就活にインターンシップを活かすためのポイントについて解説しました。

インターンシップを就活に120%活かすための3つのポイント

しかし、やはり就職活動を控えた人たちが、いちばん気になることは「実際、インターンシップの結果って本選考にどこまで影響するの?」ということではないでしょうか。インターンシップの選考で不合格だったら、通常の選考でまた同じ会社に応募しても無駄になってしまうのではないか……という疑問を持ってしまうこともあるでしょう。

働く男女

インターンシップで社員や人事担当者と仲良くなると、就職活動に有利かも……と考える人は多いと思います。選考直結型のインターンシップでなくても、選考の初期段階を有利に進められたり、あるいはいくつかの選考プロセスを免除してもらったりすることはありますので、まったくそういう要素がないというわけではありませんが、必ずしもあてにはなりません。内定を獲得できるかどうかは選考の最終段階で最終面接で社長や役員が判断することであり、人事担当者や現場の社員に評価されていることは、参考にはなっても決定的な要素ではないのです。

そこで今回は、企業がインターンシップを実施する主な目的について、私が実際に人事をとしてインターンシップを企画していた経験、また現在も様々な業種・規模の企業の採用のコンサルティングに関わる立場からお伝えしたいと思います。

なお、今回考えるインターンシップは、「結果を選考に直結させる」とはっきり明示し、選考の一過程として実施されるものではなく、選考における位置付けが必ずしも明確ではない一般的なインターンシップを想定しています。

目的1:入社前のイメージと実際のギャップを小さくすることで適切に志望度を上げる

これがインターンシップの本来の目的です。就職活動前の学生にとって、身近でない職業はどんな働き方をするのかイメージができませんし、利用客として見たことがある仕事でも働く側になればギャップがあることがほとんどです。そこで、入社前の時点で仕事のやりがいや厳しさを体験することによって業務や働き方についてくわしく知ってもらい、その上で「興味がある」という人を増やすのはインターンシップの大切な目的です。

次のページ目的2:早い時点で接点を持つことで、志望企業の候補にしてもらう

関連記事

おすすめの記事

合わせて読みたい

編集部ピックアップ

「将来を考える」のカテゴリを絞り込む

学生の窓口会員になるとこんなにお得!

  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    記事やイベント

  • 会員限定の
    セミナー開催

無料会員登録

あなたのきっかけを探そう

気になる #キーワード をタッチ

もっと見る

テーマから探そう

あなたへのきっかけが詰まった、6つのトビラ

会員登録でマイナビ学生の窓口をもっと楽しく!

閉じる
マイナビ学生の窓口に会員登録(無料)すると、
お気に入り機能などを利用してもっと便利にご活用いただけます!
  • Tポイントが
    貯まる

  • 抽選で豪華賞品が
    当たる

  • 会員限定の
    学割でお買い物

  • 会員限定の
    セミナー開催