Excelを第三者がいじったりコピーできなくしたい! セルやシートのロック方法

2019/09/13

ITスキル

「重要なデータを閲覧のみで変更されないようにしたい」「複数のメンバーでシートの編集をしたいけど、このセルだけは変更されないようにしたい」と思ったことはありませんか? そんなときは、「セル/シートの保護」という機能を使うと便利!
今回は、この機能の使い方についてご紹介していきます。

シートの保護について

シート全体を編集することができないようさせるには2種類の方法があり、パスワードを設定するものと、設定しないでロックだけをするものになります。

【1】シート全体にロックをかける手順
ロックかけるシートを開く → Excelメニューの「校閲」→「保護」グループの「シートの保護」を選択

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法

【2】シートの操作ができない項目の詳細設定
単にロックをかけるのであれば、なにもする必要はありません。
※ただし、パスワードを設定する場合は、このときに行います。

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法

【3】結果
あなた以外の第三者が、ロックのかかったシートを編集しようとすると、次のような画面が現れます。

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法


【4】ロックの解除方法
Excelメニューの「校閲」→「保護」グループの「シート保護の解除」を選択します。
※パスワードを設定した場合は、このときにパスワードが必要となります。

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法

セルのロックを解除する方法

ここでは「シート全体にロックがかかっているが、特定のセルのみパスワードを知っている人は変更できる」という、一部のセルのロックを解除する手順を紹介します。

【1】範囲を選択してセルのスタイルを「標準フォント」にする。
Excelメニューの「校閲」→「保護」グループの「範囲の編集を許可する」を選択してください。

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法

【2】編集を許可する範囲を設定する。
「範囲の編集を許可する」を選択後は、ウィンドウの手順に従って範囲設定をします。

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法

【3】シート全体にロックをかける手順
ロックかけるシートを開く → Excelメニューの「校閲」→「保護」グループの「シートの保護」を選択

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法

【4】結果
セルを編集しようとすると、保護を解除するためにパスワードが求められますので、パスワードを入力すると、ロックが解除されて編集ができるようになります。

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法

シートのコピーを禁止する方法

シートのコピー禁止を設定すると、同時に移動、削除、名前の変更などもできないようになり、これを「ブックの保護」と呼びます。このブックの保護では、内容を何種類か選択できます。そのことも、ここでは少し紹介します。

【1】 Excelメニューの「校閲」からブックを保護する手順
Excelメニューの「校閲」→「保護」グループの「ブックの保護」を選択

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法

【2】Excelメニューの「ファイル」からブックを保護する手順
Excelメニューの「ファイル」→「情報」→ 「ブックの保護」→ 保護の仕方を選択します。

Excelのデータを第三者がコピーできないようにしたい! セルやシートのロック方法

まとめ

今回は自分以外の第三者がExcelをコピーできないようにする2つの方法をご紹介しました。
今回紹介したセルやシートにロックをかける方法を活用すると、1つのファイルやシートを安心して共同編集することができます。また、自分1人で編集するときもミスを事前に防ぐことができるなど、多くの場面で活用できるおすすめの機能です。

(学生の窓口編集部)

関連記事

新着記事

もっと見る

HOT TOPIC話題のコンテンツ[PR]

注目キーワード

注目:社会人ライフ全般

ITスキルの人気記事ランキング

  • 新生活準備応援クーポン特集


    ピックアップ [PR]