2019年03月06日 更新

引越しの準備期間はどのくらい必要? 急ぎの引越しでやるべき準備を解説

初めて引越しをすることになったら、物件探しや各種手続きなど、どのくらい時間がかかるか分からないという人が大半なのではないでしょうか。この記事では、これから新しく一人暮らし始めようと考えている人向けに、引越しにかかる期間と新しく生活を始めるのに必要な手続き、引越しを早く終わらせるためのコツについてご紹介していきます。引越しは、新生活を始めるための基盤となるものです。手早く済ませて、新しい生活に早く馴染めるようにしましょう。

gettyimages (11487)

引越しにかかる最短の期間はどのくらい前?

引越しに取りかかるうえで、まず始めに行うのが物件探し・退去の準備です。
物件探しについては、1カ月半~2カ月前に物件探しを始めるのがおすすめです。優良物件は空室になってもすぐに入居者が決まるので、早めに物件探しを始めて良い物件が現れるのを待ちましょう。

ただ、動ける時間の自由度が高く、部屋決めの条件が具体的かつあまりこだわりが強くなければ、2,3日で物件を見つけて内見し入居申し込みまではできます。そして、物件を決めて入居申し込みを行ったら「入居審査」という手続きに最短3日間。
ですので、急いで入居したいとしても、物件探しから入居までの期間で最短1週間はかかるものです。すぐ引越したいという人でも2週間くらいは見ておくと良いでしょう。
gettyimages (11489)

実家から or 賃貸物件からの引越しの簡単な流れ

退去準備では、賃貸物件から引越す場合と実家から引越す場合では手間が異なります。
この項目ではケースごとに、退去準備にかかる期間の目安をご紹介しましょう。

実家から引越しする場合

実家から引越しをする場合は、荷物さえまとめてしまえばすぐに家を出られるので、入居審査が通った日に引越すことも可能です。
ただし大きな家具などを運ぶ場合、業者を手配するまたは家族や友人に手伝ってもらう必要があり、事前に準備しておくことが大切です。引越しシーズンであれば業者の手配も混み合うため、引越し完了までの期間は引越し業者に左右されるところになります。

賃貸物件から引越しする場合

賃貸物件から引越しをする場合、現在住んでいる物件によっては事前に大家さんに「退去予告」を行う必要があります。退去予告については、契約時の書類に「退去予告の期限」が記載されているので、確認しておきましょう。退去予告の期限が、最短日数の目安になります。

例えば期限が1カ月前だった場合、退去できるまで最短で1カ月かかるということです。早期退去をすることも可能ですが、多くは余分の家賃支払いを求められることになりますので、早めに連絡したほうが余計な出費を抑えられます。

引越しでやらなければいけないこと

gettyimages (11495)

引越し先の物件が決まったら、引越し前に新しい家で生活を開始するための手続きを行います。それぞれ生活するために必要な手続きなので、早めに終わらせておくのがおすすめです。

引越し業者の手配

一人暮らしをしていて、家具や家電をそのまま新しい住居で使う場合、引越し業者に依頼すればスムーズに引越すことができます。

引越し業者は1カ月前までに決めておくのが理想です。引越しシーズンの3月・4月は混み合うので、物件探しと並行して業者を見つけるとよいでしょう。部屋が決まっていなくても、引越しする先の地域や家具の数がだいたい決まっていれば、見積もりをしてもらえます。

ちなみに新しく家具や家電などを購入して実家から引越しをする場合は、家具や家電を購入した店舗からそのまま自宅へ送ってもらえることが多く、その場合業者の手配は必要ありません。

転出届・転入届の手配

転出届・転入届は、市町村外や県外へ引越すときに住民票を移すための手続きです。住民票を移しておかないと、重要な書類が昔住んでいた住所へ届いてしまうこともあるため、きちんと手続きを行いましょう。

転出届は引越す前の役所で提出し、そこでもらった用紙を新しく住み始める地域の役所で転入届とともに提出します。
手続きに必要な書類は役所にあり、持参が必要なものは身分証明書(マイナンバー、パスポート、免許証など)と印鑑のみです。ただし、自治体によって必要なものが異なる場合があるため、事前に各自治体に確認することをおすすめします。

転出届は「転出(引越し)の14日前から受付」とされているので、引越しの2週間前~当日には終わらせましょう。また転入届は、引越しの日から2週間以内に提出してください。

ライフラインの手続き

新生活を始めるのに必要となる電気・水道・ガスといったライフラインの手続きも忘れずに行いましょう。
電気や水道は、使用場所と使用したい日時を連絡しておくとその日には使えるように手続きを進めてくれます。ガスは開栓するのに立ち合いが必要な場合もあります。

各種手続きは引越しの1~2週間前までに行っておくのがベストです。

引越しを短い期間で終わらせるスケジューリング

gettyimages (11507)

できるだけ短い期間で引越ししなければいけない場合の準備で、最優先事項は入居先物件の決定です。事前に間取りやエリアなどを自分のなかで決めておくと、迷わずに選ぶことができますし、希望を伝えて不動産会社に部屋探しを任せてしまうこともできます。
時間が取られがちな荷造りや荷ほどきも、お金をかければ引越し業者に一括して頼むことが可能です。

自分でやらなければならないものは、ライフラインの手続きと、役所への転出届・転入届の提出くらいのものです。最低限このくらいしておけば生活が始められます。

このように、急ぎの引越しの場合は業者に任せられる部分と自分でしなくてはいけない部分を分けて行うのが、引越しを効率よく終わらせるコツです。

まとめ

急ぎの引越しの場合はまず次の物件を決めるのが第一。物件を決めたら入居審査の間や、退去期限までの間に、引越し業者の手配や転出届・転入届の準備、ライフラインの手続きを行っておくとスムーズです。
自分でやる必要のあることは事前から準備をしておいて、業者に依頼できることは任せてしまって手早く引越しを終えられると良いですね。
監修:矢野翔一
暮らしやお金のアドバイザー
宅地建物取引士、管理業務主任者、2級FP技能士(AFP) 関西学院大学法学部法律学科卒。数々の保有資格を活かしながら、有限会社アローフィールド代表取締役社長として学習塾、不動産業務を手掛ける。引越しや住宅ローンといった暮らしやお金の様々な悩みに対してアドバイスを行う。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

合わせて読みたい

新生活前にチェック!引越し前後の梱包作業をラクにする方法

新生活前にチェック!引越し前後の梱包作業をラクにする方法

これから新生活に向けて一人暮らしを始める方も多いのではないでしょうか?引越しが決まったら、引越し準備でバタバタしやすくなります。段取り良く荷物の梱包をして、新居で快適な暮らし...
sakko
2020.02.28
一人暮らしの部屋探し!物件の探し方から内見・契約の方法まで徹底解説

一人暮らしの部屋探し!物件の探し方から内見・契約の方法まで徹底解説

この記事では、初めての一人暮らしで失敗しないための引越しや不動産の基礎知識を解説します。さらに、既に一人暮らしをしている人たちのアドバイスから自分に合う物件の決め方や賃貸サイ...
とりぐら編集部
2020.01.24
引越しをキャンセルすることになった。いつまでなら大丈夫?キャンセル料はとられるの?

引越しをキャンセルすることになった。いつまでなら大丈夫?キャンセル料はとられるの?

今回は、引越しを予定している人に向けて、引越し業者との契約後にキャンセルする場合のキャンセル料や、連絡方法のポイントなどについてご紹介します。新居を決定し、引越し業者に依頼を...
とりぐら編集部・とり
2019.03.12
引越しするときは訪問見積もりをしたほうがいい? 流れやメリットを紹介

引越しするときは訪問見積もりをしたほうがいい? 流れやメリットを紹介

一人暮らしでの引越しが決まったら、複数の引越し業者から見積もりを取り、予算や要望にあった引越し業者を選ぶことがおすすめです。しかし引越し業者には、いくつかの見積もり方法があり...
とりぐら編集部・とり
2019.07.09
引越しの料金を安く済ませる方法は? マイカー引越しがやっぱりお得?

引越しの料金を安く済ませる方法は? マイカー引越しがやっぱりお得?

引越し費用を安く抑えたいと思っている人の中には、引越し業者に頼まずマイカー引越しを検討している人もいますよね。マイカー引越しは、費用を安く抑えられ、面倒な引越し業者との調整も...
とりぐら編集部・とり
2019.07.09

この記事のキーワード

この記事のライター

とりぐら編集部・とり とりぐら編集部・とり

注目の特集

ひとりぐらしのはじめかた
お部屋をのぞきみ
ひとりぐらしレシピ