ユニークな採用試験「逆面接」とは? 就活生なら知っておくべき意味と対策

ユニークな採用試験「逆面接」とは? 就活生なら知っておくべき意味と対策

2017/02/02

Webテスト・筆記試験

面接

■「逆面接」で面接官が質問されたいこととは?


逆面接を取り入れる企業では、就活生がどんな質問をしてくるのか楽しみにしているはず。つまり、ありきたりの質問ではダメだということです。また、それを聞いてどうするの? と思われるような質問もおすすめできません。質問はその人の興味の現れですから、待遇面の質問ばかりでは面接官を失望させることになるでしょう。就職のための面接で最も重要なのは仕事内容の確認。面接官は、「この会社でやりたいことをやらせてもらえるのか」という質問を待っているはずです。

「逆面接」は実施する企業側に負担がかかることもあり、導入できる企業は限られるかもしれませんが、受験者の本質を見極めるという観点では評価を得ています。就活生にとっても面接官にとっても能力が試される逆面接。どちらにしても、マニュアル人間では通用しないということかもしれません。普段からマニュアルに頼らず、自分の頭で考えたことを自分の言葉で表現できるように心がけてみてはどうでしょう。

文・学生の窓口編集部

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

イベント

もっと見る

ページトップへ