【就職説明会のトリセツ】就活生必見! 説明会で必ず聞いておくべき質問まとめ

【就職説明会のトリセツ】就活生必見! 説明会で必ず聞いておくべき質問まとめ

2018/02/01

説明会

面接

就職活動をするに当たり、まず欠かせないのが「就職説明会」への参加です。業務内容の説明や採用までのスケジュールを聞くだけでなく、こちらから企業の人へ直接質問ができる非常に貴重な場でもあります。ここで印象的な質問をすれば人事担当に良いアピールとなるので、採用の可能性を少しでも高めるチャンスです。そこで今回は、就職説明会で必ず聞いておきたい質問や、良い印象が残せる質問などをまとめてみました。

目次         


1. 焦りは禁物! 説明会で質問するときのマナーを知っておこう!
2. 印象を残すポイントと説明会で必ず聞いておきたい質問集
3. まとめ

焦りは禁物! 説明会で質問するときのマナーを知っておこう!


いくら良い質問内容でも、マナーをおそろかにしていては意味がありません。説明会で質問する際に注意すべきポイントをまとめてみました。

●相手が聞き取りやすいように大きな声ではっきりと話す

多くの人が集う合同説明会では小さな声だと相手に伝わりにくいです。それにボソボソとした話し方はあまり良い印象を与えないですよね。しっかりと挙手してはきはきと質問する。基本的なことですが注意すべきポイントです。

●質問は短くスマートに
質疑応答の時間は決められていますから、聞きたいことはあらかじめ短くまとめておくといいでしょう。余計な前置きなくスマートな質問ができると、相手に好印象です。

●質問は一度に一つだけにする
せっかくの質疑応答の時間ですから、他の参加者もいろいろ聞きたいと思っています。自分だけアレコレ質問するのは避けるべきです。時間が余り、再度質問が受け付けてもらえるようなら、あらためて挙手して質問しましょう。

●他の人と同じ内容にならないように

同じような内容、似た内容を繰り返し聞くことにならないよう、他の人の質問内容にも注目しておきましょう。せっかくの機会を無駄にしないよう、メモ取りも忘れずに。

説明会は人事の人に初めて会う場ですから、良い印象を与えることができるよう細心の注意を払いたいところ。他にも、冬場の説明会の場合はコートなどの上着は脱いでおくなど、失礼がないような行動を心掛けましょう。

人事に印象を残すポイント! 説明会で必ず聞いておきたい質問集




次は、就職説明会で必ず聞いておきたい質問をまとめてみました。

●御社での1日のスケジュールはどのようになっていますか?
基本的にこうした場で「残業」などについて聞くのはNG。ですがスケジュール感を聞くことで、実際に働いた場合はどうなのかイメージを知ることができます。

●入社初年度の社員は、どのような業務内容になりますか?
入社後のイメージをつかむのに、若手社員がどんな業務を担当することになるのかも聞いておきたいですね。

●ご自身の就職活動を振り返り、どんなことを重視されていましたか?
相手も就職活動の先輩ですから、自分自身どうだったのか、会社選びで何を重視していたのかなど貴重な体験談を聞くのも勉強になります。

●入社する前と入社した後でギャップはありましたか?
先ほどの体験談に近いのですが、就職する前と実際に働いてからの社の印象の違いを聞くものです。ただしネガティブな聞き方にならないように注意です。

●仕事をするに当たり、特にどんなことを心掛けていらっしゃいますか?
その会社で働くに当たっての心構えなどを聞くことができるので、例えばここで聞いた話を面接での自己紹介に生かすなどできるかもしれません。

●仕事のやりがいはどんなことですか? またどんなときに達成感を感じられていますか?

その会社で働く上でのモチベーションにもなるので、やりがいや達成感が感じられることも聞いておきたいところです。

●仕事をする上でどんなことが大変だと感じられていますか?
実際に働いている人間に「大変なこと」を聞いてみるのも参考になります。ただし「つらいこと」「辞めようと思ったこと」など、ネガティブな内容はNGです。

●御社で働く中で学んだことのうち、一つだけ挙げるとすれば何ですか?
学んだことはいろいろ聞きたいところですが、時間なども考えて一つに絞るのがベター。もし質問時間に余裕があるなら、いろいろ聞いてみるといいですね。

●御社のどんな点が「一番の強み」また「弱いところ」だと思いますか?
ネットなどの評判ではなく、実際に働いている人間がどう思っているのか聞けるのも、説明会の特徴です。

●どんな人が後輩として入ってくるとうれしいですか?
それがそのまま会社が求めている人材であることもあります。もしその人の好みが含まれているとしても、人事の好みを知っているのといないのとでは大きく違います。

聞いておきたい質問を10選まとめてみましたが、基本的には自分自身に役立つ内容であることが一番です。例を参考に、自分なりにアレンジして良い質問に練り上げてください。また、調べればすぐに分かることや、ネガティブな内容は避けましょう。

まとめ


就職説明会でのマナーや質問内容についてご紹介しました。説明会は「最初の面接」でもあるので、相手に良い印象が与えられるよう、「しっかりと挙手する」「大学名や名前、質問をはっきりと大きな声で話す」など基本的なことに注意。そして自らの就活の参考になる質問ができるよう、しっかりと準備して臨んでください。

(中田ボンベ@dcp)

▼こちらもチェック!
就活のトリセツ 一覧

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ