スマホを時計代わりはNG! 就活でつける腕時計の選び方マナー

スマホを時計代わりはNG! 就活でつける腕時計の選び方マナー

2015/12/08

就活hack

ライフ就活2

スマートフォンや携帯電話には時計の機能も搭載されていますよね。日常生活で時間を知りたい時にはスマートフォンを見るのが当たり前という学生も多いと思いますが、就職活動の際は腕時計を着用した方が良いでしょう。
【スマートフォンは無礼だと知る】
日常生活でちょっと時間を知りたいなと思ったらスマートフォンで軽くチェックする。学生であれば特に不自然な事でもないのですが、社会人ともなって時間を調べるからとスマートフォンを時計代わりにするのは実はとても無礼です。
まず、スマホを取り出す時にポケットに手を入れる事になります。これが何より失礼です。社会人の方で首からスマートフォンをぶら下げている人がいるのはそのためです。また、いくら連絡手段ではあっても上司等の前でスマートフォンを操作すること自体が失礼です。電話、メールといった連絡手段のためであっても、いきなりスマートフォンを操作するのは失礼な事です。

【時計の種類の選び方】

腕時計にも様々な種類がありますが、腕時計であれば何でも良い訳ではありません。例えばスポーツウォッチですとか、カジュアルな腕時計は控えた方が良いでしょう。ビジネスシーンで利用する事が出来る時計がベストです。
また、学生がはめるには少々高価過ぎるような腕時計も控えるべきです。面接官は案外腕時計を見ていますので、就職活動にどのような気持ちで臨んでいるのか、腕時計で判断するケースもあります。

【適している腕時計】
ではどのような腕時計が適しているのかと言えば、ビニール製のベルトやシルバー、ステンレス、スチールベルト。これらであれば無難でしょう。これは女性も同様です。
女性の場合、多少ポップでも良いのではないかと思う人もいるかもしれませんが、女性だからといってカジュアルな腕時計はやはり似つかわしいものではありません。

スマートフォンが当たり前の世代にとっては、腕時計など古臭い物だと思うかもしれません。ですが社会人としてのマナーと言っても過言ではないものです。腕時計であれば失礼なく時間を確認する事も出来るのですから、就職活動の際にはスマートフォンではなく、腕時計で時間を確認するようにしましょう。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ