【就活の疑問】私服面接って何を着ていけばいいの? 面接官に好まれる私服の選び方

【就活の疑問】私服面接って何を着ていけばいいの? 面接官に好まれる私服の選び方

2015/11/02

就活hack

【就活の疑問】私服面接って何を着ていけばいいの? 面接官に好まれる私服の選び方

面接時に私服を着てくるという指定があった場合は、どのような服装で行けばいいか悩んでしまいがち。面接官に好印象を残す為の私服の選び方について紹介していきます。また、逆にNGな例も挙げるので、参考にしてみてください。

■私服と服装自由の見分け方

面接時の服装でスーツ以外を指定される場合は、「服装自由」と「私服」との2パターンがあります。服装自由の場合は、スーツを禁止している訳ではないので、スーツで行くのが無難です。しかし、私服の場合はそういう訳にはいきません。面接官はその人の服の選び方のセンスまで、合否の判断材料にしている場合があるのです。

■面接官に好まれる服装

面接のような場では、オフィスカジュアルな服装が求められます。いわゆるキレイめな格好をしておけば、問題ありません。男性の場合、必須アイテムはシャツ。アイロンをかけてシワがないようにしましょう。その上にテーラードジャケットを羽織るというのが定番のスタイルです。少し個性を出す場合は、シャツの上にカーディガンというのでも良いでしょう。夏場は、着こむと汗をかき過ぎてしまうのが気になります。シャツもしくはポロシャツ1枚の清潔感がある格好が望ましいです。女性の場合、特に決まったスタイルがある訳ではありません。よって、逆に難しいと思われる方も多いでしょう。

基本的なアイテムは、ジャケット、カーディガン、ブラウスの3点。これを軸にどう着こなすかが重要です。無難に行こうとし過ぎると地味になり過ぎてパットとしない印象を与えてしまいます。黄色やオレンジなどやや明るめの印象を持った服を派手過ぎない程度に入れるのが、コツです。大人系のアパレルショップで、面接用の服装をコーディネートしてもらうのも一つの手。プロが選んだスタイルを着ていけば、自然と自信あふれる表情にも繋がってくるでしょう。

■NGな服装

逆に面接で着て行ってはいけない服装を紹介します。まず、ジーンズはNG。パーカーやトレーナーなどのカジュアル過ぎる服装は、面接の場に適しません。次に、靴にも気遣いを。汚れ過ぎている靴は、マイナスポイント。もちろん、スニーカーやサンダルは論外です。足元にもしっかり注意しましょう。そして女性の方は、露出が多くならないようにしましょう。品が無いということで、減点の対象。面接官からしても、目のやり場に困ってしまいます。ただし、ここで一点注意しておきたいのは、就職業界がアパレルなどのセンスが問われるところである場合は、例外です。いかに個性的で自分を活かせるファッションをしているかが問われています。

センスが問われるアパレル業界を除いて、基本的にはオフィスカジュアルのかっちりとした印象が好まれます。NGな服装だけは避けるようにして、清潔感が出た格好で、スマートに着こなすというのがポイントです。

おすすめ記事

Intern sp bnr d2 03

人気記事ランキング

新着記事

ページトップへ